人妻大衆 TOP 私の秘密の性感帯

私の秘密の性感帯

「私の秘密の性感帯」について知りたいことがあれば、人妻大衆をお読みください。現在、人妻大衆では「私の秘密の性感帯」についてのさまざまな記事を、69件配信しております。これからも「私の秘密の性感帯」について、“さらに知りたい情報”を“さらに分かりやすい記事”にして随時追加していきます。ご期待ください!

私の秘密の性感帯のニュースまとめ


今回の奥様は椿佳代さん53歳。おしとやかに見える奥様ですが、実は散髪の腕一本でお子さん3人を育て上げた女丈夫です。それというのもご主人が相当な浮気癖の持ち主で、家庭はほっぽらかしといった状況。それで…

プロフィール しいな(35歳) 家族構成:夫(37歳・結婚歴3年)、子どもなし、趣味:インターネット、読書、ウインドーショッピング ここ10数年でパソコンとインターネットは生活に欠かせないものとな…

タグ

プロフィール りん(34歳) 家族構成:夫(37歳・結婚歴3年)、子どもなし、趣味:絵を描くこと 世の中には、鉄道マニアや映画マニアなどから、切手やオモチャなどの収集系、ラーメンやカレーなどの食べ…

タグ

趣味は人生を楽しくしてくれます。そしてその趣味は人それぞれ。例えそれが人に理解されなくとも好きなのだからしょうがありません。 今回登場するせなさんも、誰になんと言われようが、自由に趣味を謳歌している…

タグ

昨年の訪日観光客は過去最高となり、初めて1000万人の大台を突破したのだが、来日した外国人たちに生の声を聞くと、"欧米ともアジアとも違う"日本への驚きの感想が並ぶ。

女性に男性の好みを聞くと「優しい人が良い」と答える人も少なくありません。しかし、優し過ぎてもそれはそれで女性は物足りなく感じてしまうようです。 今回登場するあやのさんもご主人にそんな不満を抱えている…

タグ

普段マジメな人ほどいったんタガが外れると、良からぬことにのめりこんでしまうといいます。今回登場するあきらさんも、この間までは品行方正な人妻だったのに、ひょんなきっかけで変わってしまったのだそうです。

タグ

夫婦生活も長くなってくると、お互いのことが空気の様な存在になっていくといいます。しかし、それは長い年月、燃えるような気持ちはなかなか持続しないため、致し方ない部分もあるのかもしれません。<

タグ

居丈高に彼女を怒鳴りつける今西の脳裏に、悪巧みが浮かび上がった。 地面にひざまずく彼女のロングヘアをグイと摑んで引き寄せた。 「オレを満足させろ。舐めろ、ほら!」

一昔前、アイドルといえば手の届かない存在だったのですが、最近の女の子にとって、アイドルは見るものより、なるものなんだそうです。 今回、登場する女性もそんな元アイドルの奥様でした。

タグ

最近は年の差20歳くらいのカップルが誕生することは珍しいことではありません。 今回登場するりんさんも26歳もの年の差を超えて結婚。その夫婦生活はどんなものなのでしょうか?

タグ

男性ならば、人に言えないような妄想をしてしまったことがあるはず。会社の新人の女の子と○○○とか、近所の美人な奥さんと×××という感じに様々な妄想を日常茶飯事のごとくしているはず。しかし、こんな妄想を…

タグ

続いての告白は、17歳のとき、現役女子高生の"お菓子系アイドル"としてデビューした由愛加奈ちゃん(19)だ。 その処女っぽい可憐な見た目とは裏腹に、彼女はデビューの前年に初体験を済ませていた。 …

物事を始めるのは、早ければ良いというわけではありません。
今回登場するわかさんも、セックスを体験したのは遅かったのですが、その後、濃厚な体験をして大輪の花を咲かせたのです。

タグ

お酒ほど上手くつきあえばストレス解消や人間関係を良くするのに役立つものもありません。 しかし、それが過ぎると痛い目に遭ってしまうことも……。 今回登場するえみるさんも、飲み過ぎて失敗してしまった経験…

タグ

誰しも多かれ少なかれ親や家族、友人、恋人など身近な人から様々な影響を受けています。 今回、登場するるみさんも、身近な家族から受けた様々な影響を受けてしまったのだそうです。

タグ

名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

結婚をすると、義理の両親や兄妹や姉妹ができます。なかなかそんな義理の家族とのつきあいかたに悩む人も少なくありません。 今回登場するあみさんも義理の家族との関係について悩んでいる女性でした。

タグ

昔から、結婚は一番好きな人としない方が良いと言われています。その理由は、結婚生活を客観的に見られなくなるうえに、相手ばかり優先して自分がガマンばかりしてしまうようになるからだとか。 しかし、一番好き…

タグ

旅の恥はかきすて、なんて言葉もありますが、見知らぬ場所に旅行に行くと、開放的な気分なってしまう人は多いようです。今回登場するしづさんも旅行に行くたびに、ハメを外してしまうのだとか。

タグ

 昨年は大物芸能人がゾクゾクとAV業界へ転身を遂げて話題となったが、顔、スタイル、エッチ度、すべてにおいて最も輝いていたのが、超人気グラドルだった“たかしょー”こと高橋しょう子チャンである。 「紗倉…

男性の多い職場だと、たまに職場を訪れる、保険のお姉さんがオアシスのような存在になったりします。そういう女性に笑顔で勧誘されると、つい保険に入ってしまったりすることも……。<

タグ

今回登場するのは、23歳の若妻つぐみさん。見た目はまるで10代のようで、学生にもしばしば間違われるのだとか。そんな彼女は結婚して半年の新婚さん。ご主人ともラブラブなのですが、実は通勤途中に秘密のお楽…

タグ

誰でもアイドルやタレントと特別な関係になりたいと思ったことがあるはず。 今回登場するりかさんは、独身時代に様々な有名人のお相手をしたことがあるという女性でした。

タグ

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

都内某所の住宅地で出会ったれなさんは女性向けAVや官能小説が大好きな女性。うら若き人妻がは、なぜそんな密かな愉しみにハマってしまったのでしょうか?

タグ

夏は開放的な気分になる季節。海や山で遊んでいたりすると、テンションが上がりすぎて、思わぬことをしてしまったりします。今回登場するほのかさんもそんな経験があるようです。

タグ

男性でも女性でも、頼まれると断れないタイプの人がたまにいます。グイグイと押してくるような人の言うがままになり、いつしかその人の色に染まってしまう。でも、本人にとってはそれで幸せだったりするから分から…

タグ

長野市の歓楽街・権堂町から徒歩10分ほどに善光寺がある。 例年、初詣客が45万人も訪れる名刹だ。

出会い系サイトなどを使って、援助交際をするのは学生やOLだけではありません。最近は主婦たちの援助交際も盛んになっているようです。 今回登場するつかささんも、そんな主婦援交をしているという女性でした。

タグ

今回登場するのは、22歳の若妻・れいさん。彼女が16歳も年上のご主人とのなれそめや夫婦生活、そして誰にも言えない毎朝の秘密を語ってくれました。

タグ

ひとくちに仲のよい夫婦と言っても、その関係性はそれぞれ違います。他人から見ればちょっと変わっていたとしても、お互いが信頼し合っていればきっとそれは幸せなのでしょう。 今回登場するののかさんも、そんな…

タグ

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

我々男性のストレス解消法と言えば、やっぱりお酒。気の置けない友人や同僚と楽しく呑む酒は格別で、日頃の辛いことも忘れ、明日への気力を奮い立たせる効果があります。しかし、お酒で痛い目に遭ってしまうことも…

タグ

結婚すると会話がだんだん減ってしまうご夫婦も少なくありません。そうならないためには共通の話題が必要になってきます。 今回登場するえりなさんはご主人とは共通の趣味で結ばれ結婚3年目にしてラブラブなんだ…

タグ

夫婦のなれそめは人それぞれ。結婚式では「友人の紹介」なんて言っていても、実際は違うなんてこともよくあります。 今回登場するりかさんとご主人のなれそめも、御両親や親戚には内緒なんだそうです。

タグ

「酔っ払った女性を見ているうちにムラムラして、我慢できなくなり……」法廷に現れた男は、2件の事件を起こした。 最初の事件は、泥酔した同僚女性に対するレイプ未遂。これで執行猶予の判決を受けると、生活を…

男性ならば純真無垢な女性を自分色に染めてみたい、という願望を持ったことがある人も少なくないはず。古くは『源氏物語』の光源氏も幼い紫の上という姫を自ら育て妻にするというようなエピソードがあります。 今…

タグ

もしあなたが浮気をしていて、それが奥さんにバレてしまったらどうするでしょうか? 今回登場するのは、ご主人の浮気に気づいてしまったまゆさん。彼女はその後どんな行動を取ったのでしょうか?

タグ

ラブラブな夫婦がいつのまにやらセックスレスに……。そんなことが起こってしまう理由の一つに出産があります。子どもが産まれたことによりお互いの関係性が変わり、次第にセックスから遠ざかるパターンが多いそう…

タグ

こうした生活が続き、桜木は将来への望みを失っていった。 "いっそこのまま、どこかへ消えてしまいたい" そんな願望にとらわれた彼は、ある日の出勤時、電車を途中で降りると、ケータイをごみ箱に捨てた。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号