人妻大衆 TOP 桃色コラム

桃色コラム

「桃色コラム」について知りたいことがあれば、人妻大衆をお読みください。現在、人妻大衆では「桃色コラム」についてのさまざまな記事を、980件配信しております。これからも「桃色コラム」について、“さらに知りたい情報”を“さらに分かりやすい記事”にして随時追加していきます。ご期待ください!

桃色コラムのニュースまとめ


法廷に立たされた男はバツイチのマンション管理人で、住人の合鍵を預かる立場を悪用していた。狙った若い女性の部屋に侵入するのみならず、盗聴器を仕掛け、さらには部屋の飲み物に睡眠導入剤を入れて、さらなる暴…

“OKサイン”にご注意  契約書へのサイン直前、もしくは代金を払う寸前、「飲みに行こうか?」と客に誘われて、「いいですね! パーッといきましょう!」と目を輝かせる営業レディには、“プラスα”の望みは…

タグ

性癖を正直に告白するうち…  広告代理店に勤める彩さん(30)の報告を聞いてもらいたい。彼女は、ある中堅電子機器メーカーの担当になったという。「担当の部長さんの話が面白いんですよ。淡々と、若い頃に海…

タグ

「ワインを7本買ってくれた」ので…  派遣会社に登録している和美さん(29)は、つい最近、新商品のワインの販売のため、千葉にあるスーパーに出向いた。「店頭で試飲販売していると、30代半ばの男性になつ…

タグ

緊縛や剃毛などのSMプレイを教わり、すっかりその虜になった男がいた。 SMのパートナーを失った男は、やがて"獲物"を求めて街をさまようようになり、ついに悪辣な犯行に手を染める。 目をつけた若い美女を…

割り切ってしっかり楽しんだ  聡子さん(29)は、医薬品会社のMR。MRとはメディカルリプレゼンタティブ。医薬情報担当者と訳されるが、平たくいうとお医者さん相手の製薬会社・医療機器会社の営業担当のこ…

タグ

女の戦いは「年中無休」、昼も夜も一生懸命だった!? 「こんにちはー」という声に玄関を開けると、妙齢の女性が立っている。黒いミニのタイトスカートを着た彼女の目的は、訪問販売。その商品は、なんとコンドー…

タグ

貞淑な奥さんも内心は“したい”と思っている  事務職の奈南さん(31)は、上司から怒られ、昼の公園でサボっていたとき、同じベンチに座った男に話しかけられた。「最初は世間話をしてたんだけど、そのうちエ…

タグ

「老けるSEX」と「若返るSEX」が存在する!

ゆきずりの男でも言葉の魔力で…  今どきの奥さんは、ゆきずりの男でも、言葉の魔力で簡単に陥落する。突然の雨でビショ濡れになった美和さん(31)は、若い男に「入っていきませんか?」と傘を差し出されたこ…

タグ

アルコールで疼いている下半身を 「じゃあ、行こうか」と言われ、決心がついたという沙穂さん(29)。「本当に軽い口調だったの。そんなふうに言われると、他の奥さんたちも、みんな普通に浮気しているのかなと…

タグ

下着ネタでチャレンジ  人妻が男と飲みにいくのは、半ばOKサインだ。後は突破力。酒場では、かなり露骨なことを言っても大丈夫。強烈な言葉でないと、人妻というモラルの壁は突き崩せない。 「尻からウエスト…

タグ

受験戦争を勝ち抜いて一流大学を卒業し、誰もが知る大企業に就職したエリートが法廷に引き出された。男はお嬢様育ちの美女と結婚したが、ほどなくして妻の「秘密」を知ってしまう。

先っぽだけでもお願いします  靖子さん(42)は趣味のサークルで知りあった男性に「先っぽだけでもお願いします。指だけでもいいです」と言われ、吹き出しそうになった。さらに、「“ほんのちょっとだけ。3分…

タグ

「錦糸町のラブホへ行こう」って…  職場関係で人妻を口説いて失敗するとマズいが、知りあいなら遠慮は無用。ただ、親しくなりすぎると口説きにくいことも。ご主人が風俗店へ行ったことを知った、東京山の手に住…

タグ

人妻の浮気って絶対にバレない!?  社団法人職員の優美さん(33)は、飲み会で周りに誰もいないとき、職場の男性(40)に「人妻の浮気って絶対にバレないんだよ」と囁かれたという。「なんでですか?」「分…

タグ

キャリアOL妻もイチコロ? 不良上司が手がけた淫欲の罠 「もう半年前のことなんですけどね。会社の飲み会の後、ウチの43歳の上司にそそのかされて、カップル喫茶に行ったことがあるんですよ」  こうブチま…

虚をつく速攻で人妻は幻惑  ご主人と食品店を経営する久美さん(38)は、バイトのS君(25)に「旦那さんにはかないません。でも、僕のほうが愛しています」と告白された。 「涙を浮かべてたわ。若いんだか…

タグ

仕事関係の男性に言われた魔法の言葉  不倫相手は仕事関係が一番多いようだ。露骨な迫り方はしにくいが、意外な言葉が人妻の胸を貫いてしまうことがあるらしい。OLの美奈子さん(32=仮名=以下同)は、上司…

タグ

こっそり“膣トレ”も  いまだに、ご主人と週1回はセックスを楽しんでいる後藤美佐さん(47)は、こう言う。「うちの場合、夫が優しいんですよ。私が濡れにくくなったら、試しにローションを買ってきてくれた…

タグ

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎ…

20代女性の8割がクリトリス派  一方、20代女性で物足りないのは、膣内の性感が開発されていないこと。本誌の以前の調査では、20代女性の8割がクリトリス派だった。だから、締まりは良くても挿入ではイキ…

タグ

小陰唇が大きくなって…  小陰唇が伸びたようで恥ずかしいという人妻の橘悦子さん。実はコレ、医学的にもあり得る話。東京S区の美容外科『Aクリニック』のT院長が、こう説明する。「一般的に女性は、40代に…

タグ

色、形、感度から攻め方まで徹底検証!  牡蠣、帆立、赤貝……どの貝もうまいねえ。さらに、浅蜊や蛤も……。でも、男が通年で一番味わいたいのは、女の秘貝ですね。  ところで、この美味なるナマ貝は、年齢に…

タグ

大阪からお越しの司杏子さん53歳。服の上からも分かる見事なボディラインが眩しい結婚28年目の専業主婦。杏子さんがセックスに興味を持ち始めたのは現在のご主人と出会ってから。しかし今となってはご主人の性…

Gスポットの手術が大ブーム  マジメで世間知らずのまま女医となり、激務の日々に性欲が大暴走……これが女医の性。そんな2つの顔を持つ美人女医たちの間で密かに流行っている“手術”があった。形成外科医のS…

タグ

院内でこっそりオナニーを…  女医と一口にいっても、「科」によってタイプは異なるそうだ。「外科は突発的な手術も多く、30代になっても忙しい。何より、すぐに人の生死に関わる現場ですから、緊張感もハンパ…

タグ

出張ホストとホテルにシケこみ…  女医の生態を調べる中で明らかになったのが“男買い”の実態だ。前出の作家、Sさんがこう語る。「女医さんは高給のうえ、実家が病院だったりと、経済的に余裕があるんです。だ…

タグ

甘えた声でブリッコ風な魅力がたまらんあゆみサン(54歳、T162-B90W64H90)は、日本橋にあるホテルヘルス『熟女22時』の注目ニューフェイスのひとり。 当欄ならではの裏情報をご披露すれば、…

頭のいい女性はエロい  婦人科医のN・H子さん(30)は、米倉涼子を彷彿とさせるサバサバ系の美女だが、27歳まで経験ゼロ。「婦人科医なのに、セックスしたことないなんて、笑っちゃいますよね」  ようや…

タグ

20代の半ばになっても“処女”が多い 「私もそうでしたけど、半数以上の女医は、20代の半ばになっても“処女”なんですよ。私の場合、去年にやっと初体験をしました」 恥じらうことなく事務的な口調で語るの…

タグ

キスはストレス撃退に打ってつけ 「キスが上手なオジサマは若々しい気がします」と言うのは、商社で働く南谷琴美さん(25)。ある中年男性からキスでメロメロにされたことがある。 「2人で飲んだ帰りのこと。…

タグ

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎ…

 イマドキのニッポン男児にとっては、今やセックスよりも重要なポジションを占めているオナニー。すでに男たちの性生活の主食になって久しいオナニーだが、そんなオナマニアにとってもっとも大切なのは、なんと言…

タグ

モンスター客による料金を巡るトラブルは、ほかにもたくさんある。昨年の夏頃、運転手歴3年の永嶋徹さん(50)が、就職活動中と思しき女子大生ふうの客を東京都内で乗せたときのことだ。「乗ってくるなり、“と…

タグ

個人タクシーの花形隆弘さん(63)が乗せた酔っ払い客は、取り返しのつかない大惨事を引き起こしてしまった。「雪の降る夜中、ミニスカートを穿いた30がらみの色っぽいホステスさんを乗せたんです。酒が入って…

タグ

―更年期を迎えた女性にとって、悩みのタネである〝濡れ〞ですが、そもそも愛液とはなんなのでしょう? 松村「膣粘滑液といわれるものが、いわゆる愛液です。子宮の入口、バルトリン腺という分泌腺から出る粘液…

「昔は酔っ払って他人に迷惑をかけるのは男と決まってたものですが、時代が変わりましたね」夕刊紙デスクが思わず、こう苦笑する事件が発生した。「32歳のホステスが泥酔状態でタクシーに乗ったんです。目的地に…

タグ

桃色コラム

2016-12-31 [ヴィーナス2016年11月04日号]

援デリやサクラはどうなった!?「出会い系サイト調査隊」最前線を行く!

「僕が10代、20代の頃に、こんなものがあったら、“出会いがない!”と悩むことも苦労することもなかった。今の若い人たちが、本当に羨ましいですよ!」と叫ぶのは『ヤリチン専門学校』などの著書がある作家の…

タグ

処女を捨てたのは、大学2年生の夏休みのときです。当時、アルバイト先の先輩から、社会人との合コンに誘われました。けっこうベロベロになるまで飲んでしまって、結局、相手の30代後半の男性と一夜を過ごしてし…

タグ

私事ではありますが先月離婚したばかりの記者。 心労が溜まっているせいか、最近はムスコの調子も絶不調。 こんなことじゃダメだぁ~っと手元にあった携帯電話に縋りついたとしても、誰が責められるでしょうか。…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号