人妻大衆 TOP 桃色コラム

桃色コラム

「桃色コラム」について知りたいことがあれば、人妻大衆をお読みください。現在、人妻大衆では「桃色コラム」についてのさまざまな記事を、973件配信しております。これからも「桃色コラム」について、“さらに知りたい情報”を“さらに分かりやすい記事”にして随時追加していきます。ご期待ください!

桃色コラムのニュースまとめ


市村は奈月さんとの初セックス以後、すぐに婚活サイトを退会した。 だが、彼女はどうか……。 無断で彼女のパソコンを立ち上げ、婚活サイトをチェックした。

アルコールで疼いている下半身を 「じゃあ、行こうか」と言われ、決心がついたという沙穂さん(29)。「本当に軽い口調だったの。そんなふうに言われると、他の奥さんたちも、みんな普通に浮気しているのかなと…

タグ

下着ネタでチャレンジ  人妻が男と飲みにいくのは、半ばOKサインだ。後は突破力。酒場では、かなり露骨なことを言っても大丈夫。強烈な言葉でないと、人妻というモラルの壁は突き崩せない。 「尻からウエスト…

タグ

先っぽだけでもお願いします  靖子さん(42)は趣味のサークルで知りあった男性に「先っぽだけでもお願いします。指だけでもいいです」と言われ、吹き出しそうになった。さらに、「“ほんのちょっとだけ。3分…

タグ

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

「錦糸町のラブホへ行こう」って…  職場関係で人妻を口説いて失敗するとマズいが、知りあいなら遠慮は無用。ただ、親しくなりすぎると口説きにくいことも。ご主人が風俗店へ行ったことを知った、東京山の手に住…

タグ

人妻の浮気って絶対にバレない!?  社団法人職員の優美さん(33)は、飲み会で周りに誰もいないとき、職場の男性(40)に「人妻の浮気って絶対にバレないんだよ」と囁かれたという。「なんでですか?」「分…

タグ

虚をつく速攻で人妻は幻惑  ご主人と食品店を経営する久美さん(38)は、バイトのS君(25)に「旦那さんにはかないません。でも、僕のほうが愛しています」と告白された。 「涙を浮かべてたわ。若いんだか…

タグ

残念ながら、プライベートのエッチでイッたことがなかったんです。「イクってどういう感覚なのかな」って、ずっと興味があったままAV活動を始めたので、男優さんのエッチにかなり期待してました。デビュー作が久…

仕事関係の男性に言われた魔法の言葉  不倫相手は仕事関係が一番多いようだ。露骨な迫り方はしにくいが、意外な言葉が人妻の胸を貫いてしまうことがあるらしい。OLの美奈子さん(32=仮名=以下同)は、上司…

タグ

こっそり“膣トレ”も  いまだに、ご主人と週1回はセックスを楽しんでいる後藤美佐さん(47)は、こう言う。「うちの場合、夫が優しいんですよ。私が濡れにくくなったら、試しにローションを買ってきてくれた…

タグ

20代女性の8割がクリトリス派  一方、20代女性で物足りないのは、膣内の性感が開発されていないこと。本誌の以前の調査では、20代女性の8割がクリトリス派だった。だから、締まりは良くても挿入ではイキ…

タグ

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

小陰唇が大きくなって…  小陰唇が伸びたようで恥ずかしいという人妻の橘悦子さん。実はコレ、医学的にもあり得る話。東京S区の美容外科『Aクリニック』のT院長が、こう説明する。「一般的に女性は、40代に…

タグ

色、形、感度から攻め方まで徹底検証!  牡蠣、帆立、赤貝……どの貝もうまいねえ。さらに、浅蜊や蛤も……。でも、男が通年で一番味わいたいのは、女の秘貝ですね。  ところで、この美味なるナマ貝は、年齢に…

タグ

Gスポットの手術が大ブーム  マジメで世間知らずのまま女医となり、激務の日々に性欲が大暴走……これが女医の性。そんな2つの顔を持つ美人女医たちの間で密かに流行っている“手術”があった。形成外科医のS…

タグ

沙希さんが部屋に入って30分後、宇治は試しに彼女の部屋のドアノブを静かに回した。 すると、クルリと動くではないか。

院内でこっそりオナニーを…  女医と一口にいっても、「科」によってタイプは異なるそうだ。「外科は突発的な手術も多く、30代になっても忙しい。何より、すぐに人の生死に関わる現場ですから、緊張感もハンパ…

タグ

出張ホストとホテルにシケこみ…  女医の生態を調べる中で明らかになったのが“男買い”の実態だ。前出の作家、Sさんがこう語る。「女医さんは高給のうえ、実家が病院だったりと、経済的に余裕があるんです。だ…

タグ

頭のいい女性はエロい  婦人科医のN・H子さん(30)は、米倉涼子を彷彿とさせるサバサバ系の美女だが、27歳まで経験ゼロ。「婦人科医なのに、セックスしたことないなんて、笑っちゃいますよね」  ようや…

タグ

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎ…

20代の半ばになっても“処女”が多い 「私もそうでしたけど、半数以上の女医は、20代の半ばになっても“処女”なんですよ。私の場合、去年にやっと初体験をしました」 恥じらうことなく事務的な口調で語るの…

タグ

キスはストレス撃退に打ってつけ 「キスが上手なオジサマは若々しい気がします」と言うのは、商社で働く南谷琴美さん(25)。ある中年男性からキスでメロメロにされたことがある。 「2人で飲んだ帰りのこと。…

タグ

 イマドキのニッポン男児にとっては、今やセックスよりも重要なポジションを占めているオナニー。すでに男たちの性生活の主食になって久しいオナニーだが、そんなオナマニアにとってもっとも大切なのは、なんと言…

タグ

喘ぎ声がうるさすぎて罰金刑――こんな珍事件が多発しているのがイギリスだ。「北部のタインアンドウィア州のマンションに住んでいた夫婦を、“夜の営みの騒音がひどすぎる”と、近隣住民が訴えたんです」(海外情…

モンスター客による料金を巡るトラブルは、ほかにもたくさんある。昨年の夏頃、運転手歴3年の永嶋徹さん(50)が、就職活動中と思しき女子大生ふうの客を東京都内で乗せたときのことだ。「乗ってくるなり、“と…

タグ

個人タクシーの花形隆弘さん(63)が乗せた酔っ払い客は、取り返しのつかない大惨事を引き起こしてしまった。「雪の降る夜中、ミニスカートを穿いた30がらみの色っぽいホステスさんを乗せたんです。酒が入って…

タグ

「昔は酔っ払って他人に迷惑をかけるのは男と決まってたものですが、時代が変わりましたね」夕刊紙デスクが思わず、こう苦笑する事件が発生した。「32歳のホステスが泥酔状態でタクシーに乗ったんです。目的地に…

タグ

今度は懐中電灯を手に2階に上がり、いちばん奥の部屋のドアを開けた。 女性の寝息を背中に聞きながら、亀井はタンスのなかを物色した。 部屋で寝ていた相原美紗さん(20)は、微かな物音に目を覚ました。

桃色コラム

2016-12-31 [ヴィーナス2016年11月04日号]

援デリやサクラはどうなった!?「出会い系サイト調査隊」最前線を行く!

「僕が10代、20代の頃に、こんなものがあったら、“出会いがない!”と悩むことも苦労することもなかった。今の若い人たちが、本当に羨ましいですよ!」と叫ぶのは『ヤリチン専門学校』などの著書がある作家の…

タグ

処女を捨てたのは、大学2年生の夏休みのときです。当時、アルバイト先の先輩から、社会人との合コンに誘われました。けっこうベロベロになるまで飲んでしまって、結局、相手の30代後半の男性と一夜を過ごしてし…

タグ

私はなぜか10代の頃から、ずっと自己評価が低かったんです。だから、周りの同級生たちが処女を捨てている中、20歳の誕生日を迎えてしまって「早くヤラないと一生処女のままかも!」と焦っていました。そんなと…

タグ

バレちゃった女性も、やはりいた!  さまざまなケースを見てきたが、AV出演がバレてしまった女性も、やはりいた。結婚式場のフロント係をするアスカさん(27)は一度だけ、お金欲しさにAV出演した。 「野…

桃色コラム

2016-12-21 [週刊大衆2016年12月26日号]

綾瀬はるかからAKB48まで! 芸能美女「揺れるおっぱい」事件簿

忙しい年の瀬を“魅惑の双丘”で騒がせる芸能美女たちを一斉摘発。エッチな犯行の一部始終を追った! 一人目の容疑者は、綾瀬はるか(31)。公開中の映画『海賊とよばれた男』のPRのため、12月6日放送の…

タグ

桃色コラム

2016-12-20 [週刊大衆2016年12月26日号]

素人女性300人の「初体験SEX」大調査

時代は変わっても、“嬉し恥ずかしの初体験”は変わらぬもの? 今回、本誌では今どき女子の処女喪失の瞬間を徹底リサーチ。 20歳から39歳までの女性300人にアンケートを取った結果、お父サン世代がビッ…

タグ

桃色コラム

2016-12-18 [ヴィーナス2016年11月04日号]

急増する「処女喪失ほやほや女子大生」は、簡単にヤレる!

10月以降というのは、うら若き女子大生たちをハントするのにピッタリな季節ということを、ご存じだろうか。 「大学生の多くは8~9月が夏休み。サークル合宿などイベントも盛りだくさんで、特に1、2年生は入…

タグ

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎ…

日本中を熱狂させたリオ五輪から、4か月。今でもアスリートの熱戦は、記憶に残るところだろう。しかし、彼らが熱戦を繰り広げているのは、何も競技だけではない。そこで本誌は今回、そんな五輪出場者からプロ野球…

タグ

桃色コラム

2016-12-14 [週刊大衆2016年12月19日号]

私が「人妻フーゾク嬢」になった理由

デリヘル、ソープは男の楽園。接客をする“お姫様”たちは容姿もテクニックも十人十色、働くワケも十人十色で驚愕!!

タグ

桃色コラム

2016-12-08 [週刊大衆2016年12月12日号]

私が味わった「忘れられないエッチ体験」

読者のみなさんも回想してみれば、きっと「あのときのセックスは格別だった」と、思い出すだけで半勃起のスケベ体験もあるのでは!? 本誌ツイッターなどで“読者のエロ体験”を募集したところ、来ました、来まし…

タグ

ドイツ・ベルリン在住の45歳の男性は、20年前から股間を増大する魅力にとりつかれ、シリコン注入により長さ23cm、幅9cm、重さ4.3kgのぺニスを手に入れた。 ただ、シリコンによって感覚が鈍くな…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号