人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 出会い

出会い

「出会い」について知りたいことがあれば、人妻大衆をお読みください。現在、人妻大衆では「出会い」についてのさまざまな記事を、142件配信しております。これからも「出会い」について、“さらに知りたい情報”を“さらに分かりやすい記事”にして随時追加していきます。ご期待ください!

出会いのニュースまとめ


"私、ドエライことしとる!"

桃色コラム

2017-02-05 [ヴィーナス2017年01月05日号]

現役愛人が告白「今どき愛人事情」大ブームの裏側に迫る!

 愛人という言葉を聞いて華やかでセクシーな秘め事のような関係を連想する向きも多いだろう。だが、そんな考えは古く、今ではカジュアルに愛人をする女性たちが増えてきているらしい。ハードルが下がってきた分、…

タグ

今年も彼女ナシかも……やるせない気持ちになってしまうアラフォーの本誌記者。彼女を作るために、噂の最新出会いスポットに行ってきました! (1)相席屋 別々に来店した男女を、店員がマッチングして相席…

タグ

日々進化し続けるインターネットの出会い系。昨今日本に上陸した海外系の某不倫サイトでは、一週間で約100万人もの登録があったという。 その100万人がサイト内でなにをしていたかというと、掲示板に投稿さ…

タグ

名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

美人局めいたものなど、昨今ニュースになっている出会い系のトラブル。そのほとんどはSNSなど、2000年代後半から出てきたコミュニケーションツールが原因のものだ。仕事や生活に直結しているこれらのツール…

タグ

いまや完全にスマホが主戦場となった出会い系。 2003年ごろからドコモのiモードを主戦場として発達してきた出会い系サイトは、今そのほとんどが、投稿掲示板でのやりとりが基本になっている。これは、自分の…

タグ

女性の社会進出が話題になって久しい。ある経済学者は、バブル経済が崩壊後、社会の価値観が大きく変わったからだという。 「戦って勝利を取り上に行く、という戦前から続いたピラミッド型の価値観は、ここ20年…

タグ

久留米の高良大社は、朱塗りの堂々たる社殿が印象的。 9万人の初詣客が訪れるというのも頷ける。

最近のネット調査によると、スマホが普及したことにより女性の行動形態が大きく変わったのだという。いまや読者貴兄の経験したテレクラや合コンはナリを潜め、出会いはSNSやメールで日常にやりとりする程度の手…

タグ

星の数ほどある「出会い系」サイト。数年前から、サイト運営者独自のパトロールにくわえ、警察のワンクリック詐欺の公開が功を奏し、「登録しているのは業者の風俗嬢ばかり」だったり、「入会した瞬間に10万円を…

タグ

いまだに高齢者やインターネット初心者を狙う詐欺はあとを絶たない。今年7月末には、本来取り締まる側の警官がアダルトサイトの架空請求詐欺の被害にあっている。警官は詐欺サイトに解約料名目で約30万円分を払…

タグ

和歌山県警は29日、強姦未遂の疑いで、同県紀の川市の保健福祉部次長を(58)を逮捕した。逮捕容疑は10月23日午後9時ごろ、男はひとり暮らしの80代女性宅を訪れ、あがり込んでレイプしようとした疑い。…

出会い系サイトといえば、みなさんどのような印象をお持ちだろうか? まず初心者の方々が考えるのが、「出会いは本当にあるの? どうせサクラばっかりじゃないの?」ということだ。 確かにインターネットが…

タグ

そろそろ全国的に梅雨入りです。ジメジメする季節ですが、タマにスカっと晴れた日の夜って不思議なことに、なんかムラムラしませんか? そんな健康優良中年(笑)に向け、日刊大衆委託記者(45歳・バツイチ彼…

タグ

離婚して丸3年。今年4回目のゴールデンウイークが過ぎた。もともと結婚していた当時も、お互いのすれ違いでどこにいくでもなかったが、独り身になるとさらにすることがない。 そんな本誌委託記者(40)の本…

タグ

出会いがあれば、別れもある。そんな季節になったところで、AV界のレジェンド女優・Maikaが引退を宣言した! 何も知らないまま業界に入って、文字通り裸一貫で、多くのユーザーの支持を勝ち取ってきた彼女…

フェイ◯ブックやミク◯イ、ツイッ◯ーなど、自分の近況をインターネット上に公開する「コミュニティーサイト」は、いまや仕事や日常生活に不可欠。 ネット上では人妻、バツイチ妻、女子大生、OLまで多種多様な…

タグ

数ある出会い系サイトのなかで、ひときわ異彩を放つ、ここ「タダアイ」。すでに一部の目ざといユーザーの間では、「無料でサクっと会える、出会い系最高のコスパサイト」と有名になっているサイトである。「タダア…

タグ

全国各地で桜が満開である。会社帰りに夜桜がてら、ちょっと一杯…なんて気分だが、会社の同僚は家族サービスや彼女とのデートを優先。一昨年離婚し、普段は自由気ままに近所の飲み屋で一杯ヤって帰る日刊大衆委託…

タグ

葵紫穂42歳。結婚二十年目。早すぎた結婚。「もうちょっといろんな人を見れば良かったかな・・・」。結婚してからも男性から声をかけられたこと がある。周りの男性がほっとかないくらい綺麗。なのに、旦那さん…

そろそろ暖かくなる季節である。若い頃なら新年度に新しく入ってきた女性事務員などと仲良くしたくもなっただろうが、日刊大衆委託記者である私(50)はいまさらそんな気分でもない。マア自分の本業である書籍出…

タグ

神奈川県某市在住の日刊大衆委託記者(38歳・バツイチ)。最近、ハタと気がついたことがある。仕事を早めに上がれたとき、自分は「なにもしていない」のだ。酒を飲みながらテレビを視るのもいいが、休日までコレ…

タグ

キャバクラでも風俗でも、女のコと遊ぶ時に最も重要なことはなにか? ズバリ、それは選択肢が多いことである。 実は先日、知り合いとキャバクラに行ったのですが、女のコがですね、好みのコが1人もいなくて、…

タグ

ここ数年、東京地裁の傍聴人は爆発的に増えた。 その多くは、性犯罪などの"エロ裁判"へ押し寄せる。 開廷前に早々と行列を作り、"もう傍聴席の数を超えちゃってるよ!"なんてことは日常的にある。 正直…

2年前、15年連れ添った妻と離婚した本誌委託記者(44歳)。子供もなく、もう女性関係はもうこりごりと思っていたのだが、別れてしまえば独り身が思いのほか身にしみる。しかし15年も男女の「出会い」から遠…

タグ

仕事ばかりで気がつけば10年彼女がいない本誌委託記者(45歳。本業は空調機器営業)。部署の異動で定時に帰れるようになったのだが、この冬まっただ中に、薄ら寒いマンションに独り帰るのはやはり寂しい。と、…

タグ

特別本気の出会いを求めてはいないが、暇な時に飲みに行ける程度のガールフレンドがほしいと思ったことはないだろうか。昔ならテレクラにでもいけば2時間で3人ほどのOLや人妻と出会えたものだが、今の時代、ス…

タグ

現在、100万ドル(約1億2000万円)以上の資産を持つ富裕層が360万世帯(日本の約3倍!)もあり、年間の可処分所得が2万ドル(240万円)以上の中間層は1億2000万人もいる中国。昨年は、同国の…

普段は運送会社の会社員だが、当編集部の委託を受け、記事を執筆しているフリーライターである記者(42)。昨年10月末、2年付き合っていた5歳年下の彼女にフラれたことを編集部員に話していると、 「じゃあ…

タグ

忙しくて彼女を探す時間がない人におすすめなのが、使い勝手のよさで定評のある「アイ・キューピット」。27歳の「俺」くんは、いったいどんな女性と知り合えたのだろうか……?

タグ

「デジカフェ」を使ってセフレゲットにチャレンジした男性の体験談を、漫画でご紹介。果たして、無事成功するのか!? 乞うご期待!!

タグ

 梅田にあるM性感『梅田人妻秘密倶楽部』のレイさん(37歳、T161‐B85W59H87)は女性ホルモン出まくりの、すんごい色っぽいベッピン痴女で、それもそのはず、ミナミのラウンジ界で20代を過ごし…

1年に1度だって会える彼女がいるんだからいいじゃねえか! こちとら会う女がいないんだぞ! 天の川、織姫と彦星に対して、そんな鬱屈した言葉をつぶやいてしまう、僕のようなアナタ、そんな淋しい一言はもう…

タグ

この時期になると、街はクリスマス一色。37歳独身の記者には別になんの感慨もないが、やはり世間が浮かれまくっている時に、1人行きつけの焼き鳥屋でテレビを見上げながら一杯……というのもさすがに虚しい。 …

タグ

「夫とレスで夜の営みがまったくないの。このままだと枯れちゃう(笑)。だから刺激をくださ~い!」 そんな過激なメッセージが届くとは……正直なところ、最初は目を疑った。だって、こんなエロ全開な人妻が集…

タグ

男なら憧れのAV女神に一発お願いしたいと思ったことがあるだろう。そんな幸運を手にした著名人たちはどんな性技を披露したのか? 公開!

無料や優良を謳う出会い系サイトは多いけれど、会員女性が積極的なサイトはそうはない。 女性が積極的なら、アプローチをかけて空振りをすることも少ないだろうし、テンションの高いメールのやりとりができる。何…

タグ

年末に向かう独り身の中年はかなり寂しい。 盛り上がった忘年会のあと、誰もいない部屋に帰ってふと寂しい思いをしたり、クリスマスという、なにか独り身が悪いみたいなイベントがあったりする。さらに正月に…

タグ

男は30代・40代が一番モテる……。 巷ではそんな話が、まことしやかに語られている。しかし30代・40代ともなると合コンのお誘いもからっきし。よっぽど引きのあるスペックを持つような男性でない限り、異…

タグ

名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号