人妻大衆 TOP キス

キス

「キス」について知りたいことがあれば、人妻大衆をお読みください。現在、人妻大衆では「キス」についてのさまざまな記事を、19件配信しております。これからも「キス」について、“さらに知りたい情報”を“さらに分かりやすい記事”にして随時追加していきます。ご期待ください!

キスのニュースまとめ


 「エッチな色はどんな色?」。そう聞かれたら、ほとんどの人が「ピンク」と答えるでしょう。ピンク映画、ピンクサロン、ピンクチラシといった言葉もあり、ピンク=エロのイメージが定着しています。ただし、ピン…

 保母さんは、いつも子供に甘えられる立場だけに、押してくる男性には弱いようだ。東京S区の無認可保育園に勤める涼子さん(27)は昨年夏、保育園から帰る途中、近くの建設現場で働いていた“とび職”の男性に…

タグ

 50人のアンケート中、〈セックスをする相手がいる〉と答えた保育士さんは、なんと32人。彼氏がいる12人を除くと20人。実に40%の保育士さんがセフレ持ちだという。では、いったい誰とエッチしているの…

タグ

 今回、夫婦のセックス頻度を調査したところ、「月に1回」が最も多かった。そして、セックスレスでなくとも、浮気したいと思っている人妻も少なくないようだ。さらに、《実際に浮気や不倫をした経験》を聞いてみ…

タグ

旅の恥はかきすて、なんて言葉もありますが、見知らぬ場所に旅行に行くと、開放的な気分なってしまう人は多いようです。今回登場するしづさんも旅行に行くたびに、ハメを外してしまうのだとか。

患者との院内セックスも多い!  今回、直撃取材に応じてくれたある大学病院ナースによると、「夜勤のときのナースステーションはヤッた男やセックスの話でメッチャ盛り上がる」そうだが、院内セックスも予想以上…

タグ

 最後に、フィニッシュしたあと、どうされるといいか、聞いてみた。各年代とも〈すぐに抜かず、しばらく入れたままにしておいてほしい〉がトップだった。 「そのとき、キスをしたり髪をなでたりして“よかったよ…

タグ

処女OLが「フェラって、キスの延長みたいなもんだし」 「私、フェラチオ好きなんです。彼の感じてる顔を見るのが、大好きだから」と言う春菜さん(22=仮名=以下同)の話に、まずはオヤジ記者の腰が抜けた…

タグ

 銀行勤めの人妻OL・郁枝さん(27)は、「イク瞬間、ありえないほど下品な言葉を叫んでしまう」ことが“悩みのタネ”だと言う。「もともと言葉攻めに弱くて。これは夫に内緒だけど、独身の頃、不倫していた上…

 某県のイタリアンレストランでバイトをしている短大生のY田N奈さん(20)は、忙しい日には店を出るのが夜11時になってしまうことがある。「そういうときは、店長のKさん(51)が、クルマで自宅まで送っ…

タグ

大胆になって、"んあぁ"  3月に離れ離れになるのは、先生と教え子だけではない。東京・杉並区の専業主婦・木村絵実さん(39)は、転勤となる会社員と最後の情事をいたした。  彼女が住むマンションは毎年…

タグ

転勤、卒業、引っ越し…離別の春だからシちゃった!  卒業、転勤、引っ越し、退職など、3月は別れの季節。これっきりで会えない切なさと寂しさに積もる想いをぶつけ、ついでに体もぶつけ合った――こんな女性も…

タグ

名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

20代の半ばになっても“処女”が多い 「私もそうでしたけど、半数以上の女医は、20代の半ばになっても“処女”なんですよ。私の場合、去年にやっと初体験をしました」 恥じらうことなく事務的な口調で語るの…

タグ

キスはストレス撃退に打ってつけ 「キスが上手なオジサマは若々しい気がします」と言うのは、商社で働く南谷琴美さん(25)。ある中年男性からキスでメロメロにされたことがある。 「2人で飲んだ帰りのこと。…

タグ

桃色コラム

2017-11-21 [週刊大衆2017年11月20日号]

トレンドは脱スマホ!? 今どき「援助交際」最前線レポート

 眼前で行われた生々しい交渉の行方はいかに。秘めやかに、そして淫らに、彼女らは時代の一歩先を進んでいた! 「あのぉ、さっきから、ずっと見ていたんですけど、今ってヒマしてます?」 それは深夜3時を過ぎ…

タグ

話す口調は穏やかで丁寧。上品な雰囲気が漂う、まなさん(33)は結婚10年目の人妻だった。まずはAV面接に応募した理由を尋ねると、「旦那とSEXレスでして、欲求不満も溜まり、応募させていただきました」…

「あふん、いいっ」と腰をよじり  外に出て、山中さんが「どこへ行きます?」と聞くと「どこでも」と答え、分かりやすく体を寄せてきた。 「やっぱり、したかったんでしょうねえ。ホテルの部屋に入ると、体をぶ…

タグ

 SEXに刺激よりも癒しを求める50代女性。だが、それは実際の性生活での話だろう。これだけSEXが好きな“女子”なら、「あんなことや、こんなこともしたい!」と、頭の中では思っているに違いない。その証…

タグ

 夏を目前にしてジメジメが始まった日本列島。不快な湿気をブッ飛ばすエッチすぎる“口ポロリ”をお届け! 「この頃の芸能美女にとっては、エロ話も芸のうち。エッチな発言から、彼女たちの本音や性癖が浮かび上…

タグ

「ほかの男に奪われてなるものか!と、頭に血が昇ってしまって……」 法廷に現れた男は、自分の凶悪な犯行を語った。 被害者女性と男はかつて恋人同士であり、婚約まで交わした間柄だった。 しかし、彼女はある…

事件調書 被害者 28歳の専業主婦 犯行現場 駐車場の車の中 犯行手口 男性を緊縛し、女性を殴打しレイプ レイプ犯 43歳の新聞配達員  法廷に現れたのは、ふてぶてしい態度の中年男だった。男…

タグ

事件調書 被害者 26歳の運送会社事務スタッフ 犯行現場 駐輪場横の畑の一角 犯行手口 ベルトで首を絞めてレイプ レイプ犯 50歳の会社員が計画。実行犯は35歳のヒモ男  法廷の証言台に、首…

タグ

桃色コラム

2017-04-26 [週刊大衆2017年05月01日号]

「独身熟女の性」SEX事情からオナニーまで大解剖!

 性格も良くて美人なのに、結婚していない女性が増えている。彼女たちの知られざる“性生活”を探ると…!?  総務省統計局の調査によると、30代女性の未婚率は約29%で、40代は18%(男性は各39%、…

タグ

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

桃色コラム

2017-03-10 [週刊大衆2017年03月13日号]

熟女人妻が語る「忘れられない不倫セックス」

知らぬは亭主ばかりなり…。何食わぬ顔で暮らしている女房には、思い出すたびに下半身が疼く“秘め事”が!!  かつて日本では、「妻は二つ、夫に秘密を持っている」と言われたものだ。一つが、結婚前につきあ…

タグ

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号