人妻大衆 TOP アンケート

アンケート

「アンケート」について知りたいことがあれば、人妻大衆をお読みください。現在、人妻大衆では「アンケート」についてのさまざまな記事を、52件配信しております。これからも「アンケート」について、“さらに知りたい情報”を“さらに分かりやすい記事”にして随時追加していきます。ご期待ください!

アンケートのニュースまとめ


初体験は、高校1年の冬。バイト先のファミレスで知り合った30代の妻子のある彼と……。 「シャワー、浴びておいでよ」 (わたし、ついにやっちゃうんだ~、ドッキドキだよ~)「ゆっくり入れるから、大丈夫だ…

桃色コラム

2017-11-25 [週刊大衆2017年11月27日号]

プレイも性感帯も変わる!? 「熟女の性欲」全真相

 セックスだけでは物足りず、あの手この手で鬱憤を晴らし絶頂アクメの連続が日常――“禁断性生活”を全暴露だァ!  熟女と男子高校生……AVや官能小説にありがちな“禁断の愛”が現実世界でも。先月19日、…

タグ

「お願いです! させてください」  取材を進める中、100%女を落とせる土下座テクが判明した。告白するのはバスガイドの境美雪さん(30)。相手は、出会い系サイトで知り合った50代のオジサンだという…

タグ

70代の老人に拝み倒されて  看護師や介護職などに携わる女性は心優しいイメージもあるが、実際はどうなのだろうか? ホームヘルパーをしている人妻の森山順子さん(33)は、担当する74歳の独居老人に拝み…

タグ

 名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

ベロンと舐められた瞬間に…  土下座の破壊力には、キャバクラ嬢も陥落する。「46歳の独身のお客さんでした。アフターについていったんです。といってもラーメン屋だけど(笑)」  そう言うのは、上野のキャ…

タグ

大衆居酒屋チェーン店の半個室で!  美女OLが連れていかれたのは大衆居酒屋チェーン店だった。「がっかりしたけど、彼は“半個室があるから”って言っていました。その意味が分かったのは2時間ほど飲んで、私…

タグ

巷間で囁かれる“ヤレる”方法の真偽を徹底調査  土下座の歴史は古い。中国の歴史書『魏志倭人伝』にも、日本の邪馬台国では、平民が貴人と道端で出会うと土下座していたと記されているとか。そんな由緒正しき日…

タグ

結婚するまで純潔を守り抜く。そんな女神のような女性が、意外なことに、近年、増加中なのだという。「2011年の日本性教育協会の調査では、女子大生の53%が処女という結果でした。前回調査した05年と比べ…

ボディタッチの驚くべき効用 「人は恋をすると、“天然の惚れ薬”ともいわれ、性欲に関わる“PEA”というホルモンを分泌します。このホルモンは、いつもと違ったシチュエーションでドキドキしたときにも分泌さ…

タグ

特殊なシチュエーションで口説かれて…  さて、今回の取材では、「特殊なシチュエーションで口説かれて陥落した」という女性が何人もいた。独身OLの遥さん(32)は「男としては全然関心がなかった」、上司(…

タグ

お酒でガードが甘くなるのは!? 「お酒を飲む」――するとムラムラ……という女性の話はよく聞く。しかし、飲めばいつでも、というわけでもない。 「お酒って、体調次第で、心臓がドキドキするようなときは早く…

タグ

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

熟女はお尻や首、低い声がお好き  熟女から支持が高かったのは、「男の低い声」だ。「ある男性とカラオケに行ったとき、耳元で囁くように低い声で歌われたんです。すごくセクシーで、濡れてきちゃって。気づいた…

タグ

男が女のバストやヒップラインを見てピクンとなるように、女も男の体を見て欲情している!  では、その“発情パーツ”とは何かが気になるところ。20代の女性は、「分かりやすい男らしいパーツ」がポイントのよ…

タグ

女性たちを発情させているのはフェロモン  性に関する多くの著作を持つ医学博士によると、女性たちを発情させているのは、ある“共通のもの”だという。「ずばり、フェロモンです。異性を発情させる性フェロモン…

タグ

初体験は16歳だったんですけど、そのあとに付き合った人とのエッチが一番気持ち良かったかもしれません。高2の時の修学旅行中に告白されたのがキッカケで付き合うようになったんですけど、もう見つめ合うだけで…

状況別に体験と医学データで解明!!  モッコリ股間にクラクラ、鍛えたカラダにウットリ、元カレと同じ匂いにドキッ。女の深き欲情、知るや君! 「もう、どうしてあの夜、誘ってくれなかったのよ~。ソノ気満々…

タグ

 50代女性に多かった性願望は、「若い頃に覚えた快感をもう一度味わいたい」というもの。「夫に昔のようなパワーと硬さがないから、性感がイマイチ……。硬くてたくましい男性とSEXしたい。それがダメなら、…

タグ

 SEXに刺激よりも癒しを求める50代女性。だが、それは実際の性生活での話だろう。これだけSEXが好きな“女子”なら、「あんなことや、こんなこともしたい!」と、頭の中では思っているに違いない。その証…

タグ

アベノミクスや消費税増税でモノの値段が上昇する中、風俗界ではまさかのデフレが進行中との衝撃情報が編集部にもたらされた。 「それは、2000円ヘルスなるものです。新聞やテレビでは景気のいいことばかり報…

 夫(58)と洋食屋を営む加藤智代さん(55)は、今も週1~2回は夫婦生活をしているという。「経営は苦しいけど、週に1~2回、店を閉めたあと、夫と近くの安い居酒屋に飲みにいくのが楽しみなの」  SE…

タグ

 50代女性の約3人に1人がまだ現役というアンケート結果も、裏を返せば、“ご無沙汰”の人のほうが圧倒的に多いということ。50代熟女たちの性生活は、どのようなものなのか。また、彼女たちが辿り着いたSE…

タグ

「50代の夫婦だと、9割以上がセックスレスでしょ」、あるいは「女性も50歳を過ぎたら、性欲なんてほとんどなくなるんじゃないの?」――そう思っている人は多い。  もちろん本誌読者には、そんな間違った思…

タグ

ハロー、皆さんイイSEXしてますか? 下半身を通じて世界中を覗き見してるイエローキャブ・ちー坊ですっ♪ ここでは、ちー坊が各国で見てきた色んなSEXの形をレポートしていくのでヨロシクお願いしま~す。…

桃色コラム

2017-08-12 [週刊大衆2017年08月14日号]

今のシニアはスゴイ!? 「60代のセックス」大研究!

「還暦過ぎてもなお、性欲があるのはおかしい」、世間様はそう言うけど、事実はまったく正反対。若い者が腰を抜かす平成のシニアの凄まじい性欲を見るべし!  60代に突入してからというもの、本誌記者が週刊大…

タグ

 美幸さんはラブホテルへの坂道を上がりながら、いろいろな思いが胸をめぐった。“まだ風は強いけど、もう春だな”とか“(教え子の)△△君の中学生姿を見たいな”とか。いけないことをしようとしているのに、な…

タグ

「人目がすごく気になるし、自分を縛ってしまいがちだからでしょうね。ネットで疑似恋愛をしている同僚は、けっこういますよ。あと、職場結婚が多いし、若い女教師は年上の先生との不倫が多いですね」  そう教え…

タグ

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

 首都圏の私立高校に勤める沢田真由実さん(25)はなんと、キャバクラでバイトしたことがあるという。 「教師は忙しいんですよ(笑)。でも、やっちゃったんです。精神のバランスをとりたかったと言ったら、分…

タグ

 それは、教師の久美子さんが北関東のある場所へ研修に行ったときのこと。事務局の手違いで、ホテルがダブルブッキングになり、彼女が泊まる部屋がなくなってしまったという。  すると、支配人のMさん(36)…

タグ

 夏休みは欲求不満、夜はネット恋愛、内緒でキャバクラバイト……。教え子クン、ごめんなさい。先生の下半身は、とってもイケナイ子なの。あなたはこんなふうにならないで!  学校の先生は授業が終われば、すぐ…

タグ

そして、彼女の頭からレジ袋を外すと、ガムテープで目隠しを施し、さらに、床に洗濯バサミが落ちていることに気づくと、ほくそえみながら拾い、それで彼女の乳首を挟んだのだ。 小宮は逸る気持ちを抑えるようにバ…

 最後に≪本番をした客と、その後どうなったか≫も調べてみた。ほとんどが<1回きり>で終わっているようだ。 「男の人は1回ヤッたら、もう満足なんじゃない? 私のほうも1回楽しめたら、もういいやってなる…

タグ

 本番SEXの避妊率をアンケート調査したところ、なんと30人近くがナマでやっているのだ。最近の風俗は大半がホテル出張のため、コンドームは必ずといっていいほど置いてある。それにもかかわらず、着けないケ…

タグ

 風俗嬢の中には、こんな意見もあった。「風俗に来て、マグロの人は、たぶん滅多にヤレないと思う。手コキやフェラなんて、流れ作業なんだし、感情移入なんてできない」(千葉のイメクラ系デリヘル嬢・23)  …

タグ

中山香苗さん44歳。台東区にお住まいの専業主婦。結婚18年目になるご主人は、仕事がら結婚海外出張が多く結婚してからめっきり回数が減ってしまった香苗さんは不満タラタラ。いくら免税土産をもらっても体の渇…

 風俗嬢100人にアンケートした結果、ルックスに関しては、必ずしもイケメンである必要はない。「私は一見、強面だけど、笑うとクシャッとなる表情が好きなんです」(渋谷のギャル系デリヘル嬢・19)「私は、…

タグ

 嬢に、どこまでサービスしてもらえるか――。風俗遊びをする男にとって、それはどんな店を選んでも気になる部分であり、それが遊ぶうえでの醍醐味とも言えるだろう。夜の蝶たちは、どんな状況でなら、我々にコー…

タグ

 保母さんの中には、子供の父親と一線を越えた人もいる。夜間も“お預かり”可能な無認可保育園に勤める朋子さん(31)の話を聞いていただこう。 「最近は、離婚した父親が子供を引き取るケースも多く、2歳の…

タグ

会っていきなりエッチするのは嫌かな。朝、待ち合わせをして、いっぱいデートを楽しんでからしたいって思いますね。デート中はちょくちょくキスしたりイチャイチャしたりして、いったん車に戻るんです。彼は運転席…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号