人妻大衆 TOP 「熟年夫婦…」をもっと読む

「熟年夫婦…」をもっと読む

「「熟年夫婦…」をもっと読む」について知りたいことがあれば、人妻大衆をお読みください。現在、人妻大衆では「「熟年夫婦…」をもっと読む」についてのさまざまな記事を、5件配信しております。これからも「「熟年夫婦…」をもっと読む」について、“さらに知りたい情報”を“さらに分かりやすい記事”にして随時追加していきます。ご期待ください!

「熟年夫婦…」をもっと読むのニュースまとめ


名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

フィニッシュは男が突き上げて  手塚庸一さん(51=自営業)は、狭心症の持病を持っている。「だから、心臓がバクバクするようなアノ行為は、なんとなく恐いんですよ。でも、6つ年下のカミさんは元気ですから…

タグ

バイアグラもバイブも必需品  パートで働いている橋本ミサトさん(46)の夫は7つ年上だが、若い頃から精力絶倫だったという。「でも50を過ぎてから、あまり誘ってこなくなったんです。それにセックスの途中…

タグ

若いときよりいいみたい  介護施設の臨時職員として働く中居ナツキさん(52)には、体育教師をしている2つ年下の夫がいる。「夫は若い頃から“したがり”で、40代後半まで、週1をキープしてました」  一…

タグ

下関駅の売店で、『ふく寿司』を購入した。 蓋を開けると、酢飯の上に、ふぐの切り身と皮が盛られている。 ふぐの水揚げ港らしい豪快な駅弁だ。 駅前のテレクラに入ってみた。

予約セックスは効果あり  予定どおり、旅行に出かけた桜木さん夫婦。エッチなことを考え続けていたのか、山中湖での夜の奥さんは、それはそれは激しかったという。「浴衣の胸に手を入れたらブラをしてるんですよ…

タグ

「久しぶりに今夜は最高」と言われたい…  結婚生活も長くなると、夜の情熱も薄れ、頻度も「月に数えるほど」から、ひどいと「盆と正月」になってしまう。だが、年を取っても「男と女」であることは、家庭円満の…

タグ

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号