人妻大衆 TOP 桃色コラム

桃色コラム


話す口調は穏やかで丁寧。上品な雰囲気が漂う、まなさん(33)は結婚10年目の人妻だった。まずはAV面接に応募した理由を尋ねると、「旦那とSEXレスでして、欲求不満も溜まり、応募させていただきました」…

桃色コラム

2016-11-16 [週刊大衆2016年11月21日号]

驚きだらけの「熟女オナニー」赤面告白!

秋の夜長に「ついつい手が股に伸びてしまう」というご婦人も多いようで……。彼女たちの秘め事を公開!


木枯らしが吹き抜ける、ひと肌恋しいこの季節はスカパー!のアダルトチャンネルでホットなひとときを過ごそう! なかでもオススメなのはアイドルグループ「ミリオンガールズZ」のリーダー、星美りかチャンだ。今…


桃色コラム

2016-11-14 [週刊大衆2016年11月14日号]

好色川柳「紅ひいて 女生きゆく……」

忘れていた女を取り戻すことができるのか、差す紅がいつもより赤い。疼(うず)きはある、思えば濡れる、指を入れてみる、女が蘇(よみがえ)ってくる。まだまだ女。好きになる人に会えるかも。


昔、テレビで"一目会ったその日から、恋の花咲くこともある!"なんて台詞で始まる人気番組もありました。 一目惚れという言葉もあるように、時に人間は、一瞬で恋に落ちてしまうこともあります。

桃色コラム

2016-11-13 [週刊大衆2016年11月14日号]

好色川柳「朝勃ちに またがる妻の……」

冬の足音がする。布団から、なかなか抜け出せない。横でまだ寝ている夫の隆起を見ている。昨夜の満足から、もう濡れている。疼きを止めるため、そっと跨(またが)る。寒さも忘れる。


桃色コラム

2016-11-12 [週刊大衆2016年11月14日号]

好色川柳「床上手 歳の数だけ……」

性の手引書には、数多くの体位が紹介されている。一つ一つ試していくのも楽しみだが、相応の体力がいる。結局のところ好きな体位は、相手の顔を見てイキたいし、イカせたい。


桃色コラム

2016-11-11 [週刊大衆2016年11月14日号]

好色川柳「感じ過ぎ 夫の前で……」

片時も忘れたことはない。夫と比べたことはないし、比べようがないぐらい彼が好き。愛の言葉をくれる、前戯は時間をかける、溢(あふ)れる泉は私の答え。やっぱり夫と比べてる。


借金癖は病気と同じと言われています。借金をしてしまう人は、何度失敗しても借金を繰り返してしまうのだそうです。今回登場するゆいさんのご主人もそんな借金癖をもっている男性なのだそう。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号