人妻大衆 TOP 桃色コラム

桃色コラム


普段マジメな人ほどいったんタガが外れると、良からぬことにのめりこんでしまうといいます。今回登場するあきらさんも、この間までは品行方正な人妻だったのに、ひょんなきっかけで変わってしまったのだそうです。

桃色コラム

2016-12-09 [週刊大衆2016年12月12日号]

好色川柳「朝勃ちに うれし涙に……」

体の不調や、仕事が多忙で久しく見ていなかった、夫の朝の生理現象。見事に勃起している。ご無沙汰を謝辞するかのような起立。乳首が立つのがわかる。涙が止まらない。

タグ

桃色コラム

2016-12-08 [週刊大衆2016年12月12日号]

私が味わった「忘れられないエッチ体験」

読者のみなさんも回想してみれば、きっと「あのときのセックスは格別だった」と、思い出すだけで半勃起のスケベ体験もあるのでは!? 本誌ツイッターなどで“読者のエロ体験”を募集したところ、来ました、来まし…

タグ

桃色コラム

2016-12-08 [週刊大衆2016年12月12日号]

好色川柳「夜の床 二人で寝れば……」

薄暗くほのかに香る淫靡(いんび)な夜の床。好きな人は素っ裸で仰臥(ぎょうが)している。早く来てと、体が言っている。白い艶のある素肌を見るのが好きだ。何の夢を見よう。中はとろけるように熱い。

タグ

最近は、妊娠が発覚してから結婚するカップルも多いと言います。その呼び名も昔は"出来ちゃった結婚"と少しばかりネガティブな言い方だったのが、今では"授かり婚"や・おめでた婚・と非常にポジティブ。

桃色コラム

2016-12-07 [週刊大衆2016年12月12日号]

好色川柳「うたたねの 四十路霜月……」

木枯らしが鳴く。炬燵(こたつ)が暖かい。昼寝のつもりが、ついあの人を思い、勝手に指が動く。指先にあの人の意思が伝わる。こんなにも濡れて、と喜ぶあの人。白昼夢に酔う、四十路の晩秋。

タグ

桃色コラム

2016-12-05 [週刊大衆2016年12月05日号]

好色川柳「下の毛を 黒髪熟女……」

陰毛に白髪が混じることはあっても、染めるほどとは思わないが、気になれば染める。熟女は気にしない。堂々と白髪混じりの下半身を開いてくれる。年相応の美しさを見せてくれる。


桃色コラム

2016-12-04 [週刊大衆2016年12月05日号]

好色川柳「口下手で 料理下手でも……」

口上手など、始めから求めていない。料理が下手でも気にしない。恋する妻は、床上手。私は寝ているだけでいい。口でイカせてくれて、上でイカせてくれる。なんと、果報者かと思う。


最近、年の差カップルが増えてきました。芸能界に至っては20歳近くも年の差のある男女が交際するのはもはや普通。一般の男女でも10~15歳くらいの年の差は当たり前。若い女性でオジサン好きが増えてきたとい…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号