人妻大衆 TOP 桃色コラム

人妻◯恥告白「一泊二日不倫SEX温泉旅行」

2015-06-02 [桃色コラム]

風俗なら「ヌキなび」
http://www.nukinavi.com
悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!
池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ


「同窓会で、皆で温泉へ行こうということになって……。ねえ泊まりだけど、いいわよね?」だまされては、いけませんぞ!

湯けむりたなびく山里の温泉街。

粉雪舞う露天風呂で、男の肩に頭をもたせながら、「ねえ、そろそろ上がって……お布団に入らない?」

こんなステキな温泉不倫を経験したことがある人妻に、熱く燃えた温泉宿の一夜を聞いてみた。

東京・青山の北欧雑貨店で雇われ店長をしている沙織さん(35=仮名=以下同)は、昨年秋、店に出入りする広告会社の営業マンと、鬼怒川(きぬがわ)沿いの栃木の温泉旅館に行ったという。

「中村さん(43=既婚)という方なんだけど、彼にお店の広告を任せるようになって売り上げが伸びて……ほら、この女性誌の記事も彼がコーディネイトしてくれたんです」

ページを繰ってみると、店の商品を手に上品に微笑む彼女の写真が載っている。

「友達からも、"記事を見たわよ"って何人か電話があったの。うれしかった。自分のステータスを上げてくれる男性には気持ちが傾きますよ」

仕事帰りに、打ち合わせも兼ねて彼と飲みに行くようになり、彼女から、それとなく誘ったこともある。

「だけど、彼は、得意先という遠慮もあってか、最後の一線をなかなか越えようとしないの。思い切って、"温泉に連れて行って"と誘ったんです」

美人店長のストレートな誘いに、中村さんもついに陥落。

休業日の前の夜、浅草駅で待ち合わせて"不倫特急"に乗った。

「夫は私のことなど無関心だから、旅行に行くといっても"そう"のひと言だったんだけど、彼はいろいろと苦労したみたい。奥さんには出張だと言ってごまかしたらしく、仕事用のカバン持参でした」

彼は宿に着いても落ち着かない様子だったが、彼女は念願かなっての不倫旅行とあって大ハシャギ。

時間制の貸し切り露天風呂があると聞き、さっそく申し込んだという。

「お風呂に一緒に入ったときも、彼の下半身に手を伸ばしちゃいました。"今夜はいっぱい可愛がってくださいネ"な~んて感じで。ちょっと、はしたなかったかしら(笑)」

先に布団に入って彼を待つ間、緊張と期待で心臓がバクバクして苦しくなるほどだった。

彼が横に滑り込み唇を重ねてくると、夢中で応じた。

舌と舌をねっとり絡め合う頃には緊張も解け、キャミソール越しにバストを撫でられただけで体がジンジンしてくる。

キャミソールを脱がした彼は、まだパンティをつけたままの彼女の足の間に膝をつき、薄い布の上から自分のソレを押し当てた。

下着ごと突き破るようにグリグリされると、自分でも恥ずかしいほど濡れるのがわかった。

「彼はずいぶん長いこと、その愛撫を続けたんだけど、(クリトリスがある)上のほうを先っぽでグリグリされると、本当にビリビリッて電気が走るような感じですごく気持ちいいの。きっと、こんな愛撫を奥さんにもしてあげてるんだろうと思ったら、ジェラシーやら何やらで、頭がパンクしそうなほど興奮して……」

どうにも我慢ができなくなった彼女は、自ら丸くシミが付いたパンティを脱ぎ捨て、「お願い、もう入れて!」と懇願。

焦らしに焦らされたせいか、ナマの彼を受け入れると、頭の中で火花が散ったような気がしたという。

「7月の中旬、彼とまた伊豆の温泉宿に行く予定なの。彼は奥さんをごまかすのに大変でしょうけど、すごく楽しみ」

驚倒すべき人妻の不倫録は、まだまだたくさんある。

新橋駅前の喫茶店で取材させてもらった陽子さん(35)は、1年前から有楽町の高級会員制クラブでパート勤めをしているという。

「夫が脱サラして始めた飲食店が潰れて、借金ができちゃったんです。おミズのパートは夫も公認だけど、実は、夫に言えない秘密があって……」

2カ月ほど前、ママから「(客の)Kさんが、あなたと温泉かどこかに行きたいって言うの。考えてくれない?」と手を合わされたのである。

「彼からじかに言われたら断ったかもしれないけど、ママを通してでしょう? ちょっと断りづらくて。それに、彼はもう60歳近いけど、物静かな紳士で、私も嫌いな人じゃありませんでしたから」

夫は、店が潰れてから、夜のほうもめっきり元気がないし、1回限り、ママ公認ということで、不倫旅行に応じた。

西伊豆にある瀟洒(しょうしゃ)な日本旅館だった。

結婚して初めての不倫とあって最初は緊張したが、ベテランの巧みな"舌技"にメロメロに。

「恥ずかしいくらい足を大きく開かれて、アソコを舐められたんだけど、舌の遣い方が超うまいんですよ」

生温かい舌を亀裂にぐいっと差し込んで掻き回したかと思うと、クリトリスの薄皮を剥がすように舐める。

これを何度も繰り返されると、敷布団を掴んで身悶え、菊のツボミにまで唾液まじりの蜜が流れた。

彼は腰に枕を敷くと、濡れそぼった裏門にも果敢にアタック。

夫にもされたことがない愛撫に羞恥心もあったが、とろけるような快感だった。

「腰の遣い方は激しくないんだけど、ツボを心得ていて、最後は本当に泣いてしまったくらいでした」

次ページ >> 人妻◯恥告白「一泊二日不倫SEX温泉旅行」

風俗なら「ヌキなび」
2000年からの運営実績が生み出す安心と信頼!悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!お得な情報も満載!口コミ多数掲載で優良店が探しやすい!

風俗なら「ヌキなび」
http://www.nukinavi.com
悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!
池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

なみさんは、24歳。7歳上の会社員男性と結婚して2年目だという。「旦那さんは優しくて、男らしい人です。最初は知人の紹介で知り合って、お互い一目ぼれみたいな感じでした」 と幸せそうな笑顔で答えるあたり…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号