人妻大衆 TOP

弥生時代から日本にはニューハーフが存在していた

2014-08-17

風俗なら「ヌキなび」
http://www.nukinavi.com
悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!
ドMカンパニー大阪店
http://doemu-company.com/
ドエムOL専門!セクハラし放題!大阪の激安デリヘルならドMカンパニー



“5000人斬りの男”出町柳次が教える性のおマメ知識#007

性同一障がい者は、今でこそ日本でも認められるようになったし、欧米先進国でも同性婚が認められるようになった。少数派の人権は、少しずつ認められるようになったーーー。

そう多くの日本人は思っているに違いない。だが、歴史の事実は違う。
男色は仏教の伝来と共に伝わった。空海が日本に持ち込んだのだという説もあったし、江戸時代には「陰間茶屋」というオカマ専門の売春宿もあったじゃないか。明治維新以前の日本は、もっとオカマに対して寛容な社会だったはずだ。僧侶の隠語で女色は「天悦」、男色を「大悦」と言ってたんじゃないか。少しエロ事に知識のある人ならそういうかもしれない。
だが、実は男色は仏教伝来以前の弥生時代から、いや人類始まって以来、ずっと存在していたんじゃないかということがわかってきた。
人類学者の金関丈夫氏の著書「発掘から推理する」(岩波現代文庫)によれば、1950年代後半、鉄砲の伝来で有名な種子島、今は宇宙センターで有名ですが、ここの広田遺跡という弥生時代の埋葬遺跡を発掘した際、双性の呪師の骨が発見されたと報告している。
どういうことかというと、普通は女性しか付けない腕輪をたくさんした人骨が発見されて、最初は女性だと思っていたのだが、骨盤が狭いことから男性だと分かったのだ。
しかも、頭骨の額の真ん中の部分が丸く平らになっていて、頭骨の周囲にぐるりと溝があった。つまり、頭骨の完成しない若い時から特殊な飾り物をきつく締めていたことがわかり、この男性は神事に関わる双性の呪師だったと推定されると述べています。ということは、弥生時代からニューハーフは存在していたということになる。
このような、男が女性用の装飾品を付けているのは沖縄や南洋諸島にも見られ、南方系の文化だと書かれているが、インドのヒジュラのように冠婚葬祭や神事で踊る巫女のようなニューハーフの存在は、世界中の未開民族にも見られることが、のちの研究でわかってきた。
もともと両性具有者(つまり男性器と女性器を両方持つふたなり)や、性同一障がい者は、どの民族にも一定の割合で出現するわけで、それをキリスト教やイスラム教のように忌むべきものとして隠したり圧殺したりする文化なのか、大っぴらに認める寛容な文化であるかの違いだっただけ。
日本でオカマが忌むべきものとして圧殺されていたのは、明治維新後から戦争中までの、日本の長い歴史の中では一瞬の出来事だったのだ。
風俗なら「ヌキなび」
2000年からの運営実績が生み出す安心と信頼!悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!お得な情報も満載!口コミ多数掲載で優良店が探しやすい!

風俗なら「ヌキなび」
http://www.nukinavi.com
悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!
ドMカンパニー大阪店
http://doemu-company.com/
ドエムOL専門!セクハラし放題!大阪の激安デリヘルならドMカンパニー

ショートヘアでボーイッシュな可愛らしさがある、ナミさん(26)は結婚して1年半の若妻だ。 「旦那さんとはセックスレスでもなく……お互い仕事をしているので、今は週に1~2回ぐらいです。エッチしているの…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号