人妻大衆 TOP

朝ドラ『花子とアン』のはなと朝市はとっくにセックスしていた!?

2014-08-10

風俗なら「ヌキなび」
http://www.nukinavi.com
悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!


“5000人斬りの男”出町柳次が教える性のおマメ知識#006

今人気放送中のNHKの朝ドラ『花子とアン』。今は印刷所の長男との熱愛の佳境だが、途中までは村のはなに好意を寄せる幼馴染の朝市と、結ばれるかどうかが話のメインだった。

だが、明治時代の農村地帯なら、はなと朝市どころか、地主の「洟垂れ」息子、武とも、とっくにセックスしていただろう。

なぜなら、戦国時代に来日したイエズス会の宣教師、ルイス・フロイスが著書「日本史」で「日本では女性の処女性が大切にされていない」「女性一人で平気で旅をする」と驚き書き残しているように、古来から日本の女性たちは性に対して実に大らかであった。
初潮が来たら村の長老らが最初に処女を頂いて一人前の女に育てる役目を担い、男の子は13歳から15歳の「成人式」に、近所の後家やオバちゃんらが筆おろしをして性の手ほどきをするのが通過儀礼であったからだ。

その後も、盆踊りなどの祭りや「雑魚寝」という儀式で「乱交」するのが村の日常生活であった。だから、村では同級生たちが、みんな「兄弟」。最終的には気の合った者同士が結婚するわけだが、誰の種だか分からない子供が生まれる場合もある。しかし、それでも「どうじゃ、俺に似とらんじゃろ」と赤ん坊を抱きながら旦那が笑って言っていたという。「子供は村の子供」だと思って育てていたからだ。

女性が一人旅をすれば、当然貞操の危機もある。しかし、「減るもんじゃなし」という感覚で、自分も楽しんでいたのだろう。

農村地帯だけでなく、都会の商家でも、御料さん(おかみさん)が丁稚を連れて外出する際、ついでに出合茶屋でセックスすることも日常的だった。もちろん、貴族・武士階級の女性たちはある程度厳しかったが、庶民階級の性意識は実に大らかなものだった。

しかし、明治維新後、教育勅語による「性への圧殺」が始まっていったが、地域によっては昭和初期まで江戸時代の大らかさが残っていたらしい。

それに、テレビドラマでそんな不埒な性描写をしたら、主婦たちから総スカンをくらってしまうので、絶対にそんなことは描けない。

ただし、『花子とアン』では、はなたちの甲府の村に教会が出てくるので、この村には当時では珍しくキリスト教的禁欲主義がいち早く浸透していていたのかもしれない。

また、はなは初潮前に東京のミッションスクールで学んでいるから、当然カトリックの「結婚するまで貞操を守れ」という厳しい貞操観念が植えつけられているはず。だから実際には、はなは悪童たちにいくら言い寄られても、体を許さなかった可能性が高い。

ただし、これは特殊な例。日本全国の仏教徒ばかりの普通の村々なら、村のお堂で「雑魚寝」という乱交をしていただろう。


PROFILE
出町柳次
同志社大学文学部卒。文化史学専攻。テレビ情報誌記者、写真週刊誌記者を経て、日刊ゲンダイ等、新聞・雑誌にコラム等で発信中。特に在日外国人問題については、90年代から各メディアで硬軟両方の視点から発信。ここ十年はSNSを利用して世界の女性1万人以上とコンタクトして情報を収集し、生きた情報を発信することを心掛けている。
風俗なら「ヌキなび」
2000年からの運営実績が生み出す安心と信頼!悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!お得な情報も満載!口コミ多数掲載で優良店が探しやすい!

風俗なら「ヌキなび」
http://www.nukinavi.com
悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!


会社でデスクワークをしていると、たまにやって来る他社の営業や保険外交員の女性が妙に気になってしまう時があります。それで思わず高額な保険に加入してしまったなんて経験があるひともいるはず。 今回登場する…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号