人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」歩きスマホに腹を立てた男が夜道を歩く若い女性を連続姦

2014-07-14 [週刊大衆07月21日号]
パンチラボイン横浜
http://www.panchiraboin.com/yokohama/
巨乳専科パンチラボインは、巨乳・爆乳専門

事件調書

被害者 通りすがりのOLと女子大生
犯行現場 夜の街の暗がり
犯行手口 ネクタイで首を絞めて脅迫
レイプ犯 妻子あるサラリーマン



「不倫がバレて、家に帰れなくなったんです。それで……」
法廷に立った中年男は身勝手極まりない犯行動機を述べ始めた。

サラリーマンだった男は、地元の飲み屋で知り合ったパート主婦と不倫関係にあったが、ほどなく妻の知るところとなり、家を出て、車中生活を余儀なくされることに。

こうして自暴自棄になった男は、無関係の若い女性たちに襲いかかるようになった。



物流関係の会社に勤める今村篤郎(45)はローンこそ残ってはいるものの、マイホームを構え、妻子がいる平和な生活を送っていた。

平凡な生活の中で、今村がこだわっていたのは、「酒とセックスを楽しみたい」ということだけだった。

だが、妻(44)は夜の営みに淡泊なタイプで、長くセックスレス状態が続いていたため、小遣いをやり繰りして、月に一度、ソープランドに行くことだけが性欲を満たす方法だった。

ある日、ソープ嬢との愛のないセックスに飽きつつあった今村に、転機が訪れる。

行きつけの立ち飲み屋で、近所に住む主婦の二宮詩織さん(37)と、たまたま隣り合わせて意気投合したのだ。
彼女は決して美人ではなかったが、色白で肉感的な男好きするタイプだった。

2人が面と向かって話すのは初めてだったが、近所のよしみということもあり、酒の力も手伝って、すぐに親しくなった。

店を出る時には、腕を組んでいた。
すると、しばらく歩いて、路地に入った直後、今村が彼女の肩をスッと抱き寄せ、キスをしたのだ。

男が舌を絡ませ、詩織さんの体を求めるように胸を揉むと、人妻も股間をまさぐり返してくる。

そして、彼女のパンティの中に指を入れると、グッショリと濡れていた。
「抱いて」

そう言われて頷く今村に、詩織さんはこう告げた。
「お願いがあるの」

一瞬、カネを要求されるのかと身構えたが、そうではなかった。
「今日のことは絶対、内緒にしてほしいの」

「俺も結婚しているんだ。絶対に誰にも言わないよ」
利害の一致した二人は廃屋の裏手へ。

お互いの体を激しくまさぐり合い、服を脱いでいく。
詩織さんの片脚を持ち上げ、反り立ったペニスで膣口を探る。

ヌルッとした感触が走り、イチモツが肉襞に包まれ、ヌルヌルと根元まで吸い込まれた。
「久しぶりなの……」
膣口がキュッキュッと収縮しながら、男根を締めつけてくる。

その動きに射精欲が一気に高まり、男は寸前で引き抜き、ドクドクッと白濁液を地面に向けて放った――。


妻にゴムを発見され不倫発覚

その夜以来、今村は店で志織さんと落ち合っては、帰りがけに路地の物陰や雑居ビルの屋上、公衆トイレの中などで、セックスに耽(ふけ)るようになった。

"カネのかからないセックスパートナー"
妻とセックスレスになってからは、風俗でしか性欲を満たすことができなかった男にとって、志織さんの存在は大きかった。
なにせコンドームを用意するだけでよかったのだ。

しかし、そんな不倫生活も長続きはしなかった。
初めてのセックスから4か月が過ぎた週末の朝のこと。
妻からこう詰め寄られた。
「これは何ですか!?」

カバンの底に隠していたコンドームを突きつけられたのだった。
「えっ、いや……」
言い訳に窮する夫に対し、妻はケータイを付き出した。

志織さんとのメールのやり取りも突きつけられた。
完全にバレていたのだ。

その後、妻から冷たい目で睨まれ、中学生の娘からも完全に無視されるようになった今村。
あまりの居心地の悪さにいたたまれなくなり、車に着替えなどを積み、家を出ることにした。

マイホームと車のローンを抱えているので、会社まで辞めるわけにはいかない。

当面は車中で暮らして会社に出勤するつもりだった。
"そのうちに女房から連絡があるだろう"
男は浮気に対する"みそぎ"のつもりで、自ら惨(みじ)めな生活を選んだ。

だが、3か月が過ぎても妻から連絡はなく、流浪の生活が続いた。
"男がセックスをしたがるのは当然だ。亭主の浮気に目をつぶるのが、女房の甲斐性だろうが!!"

週末は夜の公園の水道で洗濯をする惨めな日々で、ベンチで抱き合う若いカップルが憎々しくなった。

そして、酒に溺れるようになり、次第に自暴自棄になっていく。
"いっそ自殺しようか。死ねばローンもなくなるし、こんな惨めな思いもしなくてもいい……"

そんなことを考えながら、男が千鳥足で歩いていると、危うく通行人とぶつかりかけた。
相手はスマートフォンを操作しながら歩く若い女性だった。

「ばかやろう!」
こう怒鳴ると、相手の女性が逆に睨み返してきた。

その後、言い知れぬ怒りが膨らんできた。
"歩きスマホの女をレイプしてやる!!"

その日以来、今村は歩きながらスマートフォンを操作している女性を付け狙うようになったのだ。


車で歩きスマホの女性を物色

最初の犠牲者は、会社帰りのOL・中森佑希さん(23)。
背後から手にしたネクタイを首に強く巻きつけて、空き地の物陰に連れ込んだ。

馬乗りになって、服を脱がせていく。
そして、用意しておいたローションをワレメにたっぷり塗って、膣口を指で探り、肉襞(にくひだ)にも塗りたくる。

今村の股間は激しく勃起していた。
あまりの恐怖に声も出ない佑希さんの脚を広げて、ペニスを膣口にメリ込ませる。
ヌルヌルッと突き進み、たちまち根元まで埋め込まれていった。

ピストン運動に移った今村は激しく腰を動かし、本能の赴くままに白濁液を膣内に放った。
こうして初の犯行を遂げた今村は、その後も車で、"歩きスマホ"している若い女性を物色する。

次なる被害者は帰宅途中の女子大生(21)だった。
やはり背後からネクタイで首を締め上げて、付近のマンションの非常階段の踊り場に連れ込む。

若い女性の肉体を散々、弄(もてあそ)んだあげく、
「歩きながら携帯をイジっているおまえが悪いんだ」
と捨てゼリフを残して、車で逃走した。

翌日、車中で目を覚ました今村は、強烈な自責の念に駆られた。
"オレはきっと捕まるだろう。そうしたら、妻や娘に迷惑をかけてしまう。それなら、いっそのこと……"

正常な思考ができなくなった男は泥酔した状態で、電車に飛び込もうと思った。

しかし、巡回中の警官に声をかけられて断念。

その場でレイプしたことを自供し、逮捕され、のちに法廷へ。
男への厳刑宣告は、ほぼ間違いない。
(文中の登場人物は、すべて仮名です)
パンチラボイン横浜
http://www.panchiraboin.com/yokohama/
巨乳専科パンチラボインは、巨乳・爆乳専門

「女性たちへの歪んだ恨みの念が、犯行を繰り返した背景にある」 法廷で検察官はこう断じ、被告人を睨みつけた。 被告席にいた細身のイケメン男は、元は美容院の雇われ店長だったが、突然、オーナーから解雇を告…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号