人妻大衆 TOP 桃色コラム

60代男性100人リアル性意識調査「死ぬまでにしておきたいSEX」vol.2

2013-10-22


本気のSMプレイをナマで!

家庭菜園で農作業に精を出しているSさん( 65)は、若い頃、『奇譚クラブ』というSM雑誌を愛読していた。

「団鬼六の『花と蛇』に夢中になったし、SM映画を密かに見たりしたね。未練は、本気のSMプレイをナマで見たかったということだな。できるなら、自分も参加して、ロウソクを垂らしたりなんかして(笑)」

本誌の好評連載漫画『感じる人妻』の作者・浅田圭さんにも聞いてみた。

「ぼくも今年60歳ですから、未経験のプレイをしておきたいという気持ちは、よくわかります」

「でもなあ」と浅田さんは続ける。

「プレイはおカネで買えるでしょ?それに一度やってしまえば、どうということはない。買えないのは女性の心。だから、"あなたは特別よ"って思ってくれる女性と関係を持ちたいですね。そういう人はおカネでは見つからないもん」

たとえば、渓流のせせらぎの聞こえる紅葉の温泉宿の離れ部屋に、そういう女性と泊まる。

「部屋の専用露天風呂に何度も出たり入ったりして、あんなこと、こんなことを(笑)、女性から"すっかり、のぼせちゃったわ。悪い人。でも私たち、なんで、こんなに合うのかしら"なんて言われたい(笑)」(前同)

確かにアンケートには、浅田さんのように「自分を大切にしてくれる女性と巡り合いたい」という書き込みが多かった。

「セックスには、それほどこだわらない」という意外な声も。Nさん(67)も「できればもう一度、"女性のぬくもり"というものを味わいたい」と言う。

「海の見える旅館の広縁(窓に面した板の間)に並んで座り、手と手を握り合う。彼女が"好きよ"って言ってくれて"うん、ボクもさ"なんて答えちゃって、肩をそっと抱く。こんなとき、女性の肌って、温かくてしっとりとしてるじゃないですか。そんな肌に触れていると、幸せな気持ちになるでしょう?そういう気持ちを味わいたいですねえ。セックスはしてもしなくてもいいです。できれば、したいけど(笑)」

アンケートでは、《死ぬまでにもう一度セックスしたい女性》がいるかどうか尋ねたが、8割近くが〈はい〉だった(【データ3】を参照)。

【データ3】「死ぬまでにセックスしたい」そういう女性がいますか?
■はい…79%
■特になし…21%

10月23日公開のvol.3に続く・・・。



名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号