人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」 パチンコの連敗を逆恨みして美人店員を監禁レイプした鬼畜

2014-04-14 [週刊大衆04月21日号]
神戸マキシム
http://www.kobemaxim.com/
極上泡姫が最高のひと時をお約束いたします。

事件調書

被害者 20代後半のパチンコ店スタッフ
犯行現場 パチンコホールのトイレ
犯行手口 トイレに監禁し脅迫
レイプ犯 パチンコ中毒の土木作業員

パチンコにずぶずぶハマって、身を持ち崩したあげく、八つ当たりで凶行に及んだ男が法廷に現れた。
ギャンブルで大きな借金を作った男は、パチンコホールへの恨みを募らせていた。

犯行前の心境について、男は法廷でこう述べた。
「もはや店に火をつけるか、自殺するしかないと、考えていました……」

だが、やぶれかぶれになった男は若い女性スタッフを欺いて店の個室トイレに連れ込み、監禁レイプを遂げたのだ。
※※
土木作業員として働く平林京平(37)は、稼いだカネの大半をパチンコにつぎこんできた。

高校時代までは両親の期待もあって熱心に勉強していたが、大学受験に失敗。
再受験する気にならず、毎日、ブラブラ過ごすようになった。

失意の平林がハマったのは、パチンコだった。
パチンコを打っている間は、辛い現実を忘れることができる。

平林はパチンコ三昧の生活を送るため、働いたその日に給料がもらえる現場系の仕事を点々とするようになった。

女性関係もパチンコの世界に限られた。
パチンコに勝った日は、負けが込んでいそうな女性を物色。 ドル箱と交換を条件に売春を持ちかけて交渉し、肉体関係を重ねていった。

たまには勝っておいしい思いができるとはいえ、基本は負け続ける毎日。
やがて給料だけではまかえなくなったパチンコ資金を調達するため、借金を重ねるように。
消費者金融から借りているうちはよかったが、やがてヤミ金業者に借りるようになった。

高利の借金返済に頭を悩ませていたある日のことだ。
パチンコホールのトイレに入ろうとした途端、平林は腰を抜かした。
"な、何だ、これは…!!"老婆がトイレで首を吊っていたのだ。

"やっべえ!"

膝をガクガク震わせながらも、平林はトイレ付近にいたスタッフを呼んだ。

しばらくして救急車が到着。老婆は病院に搬送されたものの、まもなく死亡した、と聞かされた。
"オレだって、あのバアさんのようになってしまうかもしれない"

女性店員を個室トイレに監禁

老婆の無残な最期に平林は、自分の将来を見せつけられた気がした。

そして、自分たちから、カネを奪っていくパチンコホールを激しく恨むようになった。

いっそパチンコホールに放火でもするか、あるいは店内で自殺してやるか。
そんなことが頭にチラついた。

"でも待てよ。放火犯として捕まるならいっそ……"

平林が行きついたのは、凶悪で身勝手極まりない犯行計画だった。

ホールに出向いた平林は、個室トイレの前を通りかかったホールスタッフの市川由里子さん(24)に狙いを定めた。

美しい顔立ちの彼女は小柄なスリム体型で、平林の好みだった。
愛想のよさそうな彼女に、平林はこう声をかけたのだった。

「トイレが変だから、ちょっと見てくれない?」

トイレの造りは、扉を開けるとまず洗面台などのスペースがあり、奥に個室があった。

呼ばれるまま入り口の扉に立った由里子さんの脇腹に、チクッとした痛みが走った。

平林は隠し持っていたカッターナイフの刃先を由里子さんに突き付けた。

扉を閉めて内鍵を掛けた平林は無言で、彼女から店内連絡用のインカムを奪い取り電源を切った後、低い声でこう告げた。

「騒いだら刺す。死にたくなかったら、言うことを聞くんだ」

脅える由里子さんを、奥のトイレに追い込む。

「生きてここから出たいのなら、自分で服を脱げ!」
由里子さんを睨みつける平林の目は血走っていた。

すべてを諦(あきら)めた彼女は、平林に背を向けて制服のボタンを外し始めるのだった。

ブラジャーとパンティだけの姿になったところで、由里子さんの不安と恐怖は極限に達した。

「こ、これでもう……許してもらえませんか」

必死に懇願する彼女に対して、平林はホックの脇にカッターナイフの刃を当ててブラジャーを切った。
由里子さんの形のいい乳房が剥き出しになる。

「なかなかいいチチしてんじゃねえか」

平林は彼女の乳房を揉みしだいて柔らかな感触を味わうと、さらに乳首を指と指でつまみながら弄(もてあそ)んだ。

次にカッターナイフが襲いかかったのはパンティだった。
平林は切断したパンティを奪い取ると、貪るように匂いを嗅(か)いだ。

そのまま鬼畜の魔手は由里子さん自身の肉体へ襲いかかった。
股間を這い回ってアンダーヘアの感触を確かめた平林の手が下に伸びていく。
膣口(ちつこう)を探り、指をグッと潜り込ませようとした。

「ひっ、痛い」彼女の訴えに平林は手を止め、洗面台に行き、ハンドソープを手にした。

男の顔に、残虐(ざんぎゃく)で猥褻(わいせつ)な笑みが浮かんだ。

"恩返し"を求めてナマ中出し

「だったら、痛くないようにしてやる」

ハンドソープでヌルヌルになった指が、由里子さんの膣口をズンズンと犯していく。
それに伴い、平林のイチモツはズボンの中で激しく勃起していった。

ズボンとパンツを脱ぎ捨たてた平林は、反り勃って脈打つイチモツにもハンドソープを塗ると、由里子さんの両脚を広げてバックから迫っていく。

ワレメを指で左右に広げて膣口にイチモツをメリ込ませると、さらに突き進んで肉襞の奥のほうまで犯していった。

やがてイチモツを根元まで埋め込んだところで、平林はピストン運動を始めた。

「最高だ。いい締まりしてんじゃねえか。お前も気持ちいいだろ」

背後から由里子さんの小柄な体を抱え込み、平林は腰を下からグイグイ突き上げるのだった。

やがて彼女の肉襞(にくひだ)の奥で亀頭がさらに膨張度を増した瞬間、ドクドクドクッと汚らわしい白濁液が放たれたのだった。

ケダモノに膣内射精までされてしまった由里子さんは、屈辱感と絶望感にひしがれて、床に倒れ込んだ。

そんな彼女に平林は捨てゼリフを吐いた。

「オレはなぁ、パチンコに全財産を注ぎ込んで生きてきたんだ。店で働いているお前らがオレに、これぐらいの"恩返し"をしたっていいだろう」

凶悪なレイプ犯行を"恩返し"などと呼ぶだけではなく、ナマ中出しまで遂げた平林は立ち去り際に、さらに彼女にこう告げた。

「大切な"お客様"の子どもを妊娠できるかもしれないんだ。感謝しろ」

その後、平林は行方をくらました。

全国各地のパチンコホールに平林の手配書が回った。

隣県のホールの防犯カメラに映っていた平林を警察が確認、その場で逮捕。

のち法廷へ。
レイプ犯への厳刑宣告は、ほぼ確実だ。

(文中の登場人物は、すべて仮名です)
神戸マキシム
http://www.kobemaxim.com/
極上泡姫が最高のひと時をお約束いたします。

貞淑に見えても、「不倫SEX願望」が丸見え!  2人で飲むということは、その気で来ているということ。あの奥さんも意外に簡単にあなたのもの!? この奥様はやらせてくれるのか、リトマス試験紙のようなもの…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号