人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

世界最大不倫サイトCEOが見た「日本人の不倫とセックス」

2014-04-14 [週刊大衆04月21日号]
モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

すでに日本人会員数は100万人突破!

4/14 すでに日本人会員数は100万人突破! 日本でも各種メディアが"自由恋愛の黒船"などと取り上げた結果、会員数は飛躍的に増加。
上陸後8か月で100万人を突破した(3月末現在107万人)。

これは世界最速のペース。

アメリカでさえ100万人に到達したのは1年後だったというから、かの不倫大国以上なのだ。

とはいえ、読者の大半はまだ「うさんくさい」「難しそう」と思っているのではないだろうか?

そんな折、黒船の艦長であるA・Mの創業者兼CEO(最高経営責任者)ノエル・バイダーマン氏(42)が来日していると聞いて、本誌は直撃!素朴な疑問をぶつけてみた。

本当に不倫なんてできるの!?

「もちろんです。大前提としてお断りしておきたいのは、人は不倫をするものだという事実です。それは性別や国籍、年齢に関係ありません。もしかしたらあなたの奥さんがしているかもしれない、同僚がしているかもしれない。それくらい人は不倫をするものです」と、自信に満ち溢れた様子で話す。

ちなみに同氏は結婚10年目で2児の父親。
奥さんは超美人のうえにラブラブなので、今のところこのサイトは必要ないそう。

そんな奥さんに、もし浮気されたら?
と意地悪な質問をしてみると……。

「それはがっかりすると思うよ。ただ、万が一、そういうことが発覚しても、責めるべきは浮気相手でもサイトでもなく、おそらく僕自身なんだろうね」

なんとも大人なCEOだが、"不倫については世界一詳しい"と自負している。

そんな不倫の帝王が、アジア進出の先駆けに選んだのが日本だった。

「会社のスタッフや関係者に聞いてみたんだ。"どこの国の女性と不倫してみたいか"って。そうしたら、みんな"日本人かブラジル人"って言ったんだよ。それで、次に進出したのが日本とブラジルだったんだ」

そうした不倫についてA・Mがまとめたデータがある。
不倫する主な理由として、日本人会員、世界平均のどちらも「セックスレス」がトップ。

なかでも日本人女性は、セックスレスを理由に不倫する割合が、世界平均と比べ大幅に高くなっている。

また、セックスレス以外の項目では、日本人男性は不倫をするにあたり、「性的に新しいことに挑戦したい」と冒険心を持っているのに対し、女性は「刺激や興奮」を挙げている。

「日本では最近、中高年のセックスをメディアが取り上げたり、注目されています。非常に興味深いですね。不倫が、最近になって増え始めたのか、それとも今まで隠れてしていたことが、やっとオープンになったのか。実に面白いですよね」


女性の"心の穴"を埋めて…

さらに、日本人の不倫について驚きのデータがある。

「不倫していることについて罪悪感がありますか?」という質問に対し、日本人は世界平均と比べて、「ない」と答えた率が圧倒的に高かったのだ。

これが、A・Mの会員数が爆発的に増えた要因の一つなのだろう。

ここまで聞けば、なんだか不倫ができそう……。

ということで、CEOにも手ほどきを受けながら、実際にA・Mに挑戦してみた。

サイトの登録画面には「理想の相手はすぐそこです!」のメッセージが出てきて、こちらの身長、体重、年齢などのデータを入力。

「ここでのウソはいけません。正直に書くことが成功のための必勝法です」

登録そのものは数分で完了する。
その後、より理想に近い女性と出会うため、細かな情報を追加入力し、自分の性癖なども申告する。

そしていよいよ女性を検索すると、不倫願望妻たちがズラリ。

写真を載せているのは2割程度だが、なかにはウインクして、こちらを挑発したり、胸の谷間を強調する美魔女もいたりして、股間もムズムズ。

「登録する女性はきっと、結婚前は夫にちやほやされて精神的にも満たされていたと思うんです。でも、今はそうではない。心にポッカリ穴が開いてる状態なんです。あなたは、その空白を埋めてあげればいい」

CEOのアドバイスに従い、38歳の元コンパニオン女性に〈あなたのような魅力的な女性とデートできる男性が羨(うらや)ましい〉とメッセージを送ると、〈私をどこか楽しいところに連れて行ってください〉と返事が!

これはムフフな展開を期待してもいいかも!?

「僕から皆さんに一つ言いたいのは、チャレンジしてくださいということ。チャレンジをした時点で、もう目的地の半分まで行ったようなものですから」

もしかしたら、周りでも、みんなやっていたりして……。
さて、あなたはどうする!?
モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

“OKサイン”にご注意  契約書へのサイン直前、もしくは代金を払う寸前、「飲みに行こうか?」と客に誘われて、「いいですね! パーッといきましょう!」と目を輝かせる営業レディには、“プラスα”の望みは…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号