人妻大衆 TOP 桃色コラム

仕事帰りの泥酔ホステスを尾行 部屋に侵入して犯した鬼畜男 vol.1

2012-03-05
鶯谷おかあさん
http://www.okasan-u.biz/
鶯谷の待ち合わせ型熟女紹介処 鶯谷おかあさんへようこそ

事件調書

セックス嫌いの妻と二人暮らしの男は、欲求不満を募らせるばかりだった。
性欲のはけ口として、女性宅の盗撮や下着ドロに手を染めた男だったが、次に目をつけたのが、深夜の駅周辺にいる、酒に酔った女性だった。
男は彼女を介抱するふりをして、ワイセツ行為に及んだ。
さらに欲望をエスカレートさせた男は、千鳥足で帰宅する女性に襲いかかって……。

種村洋一(35)は、ファミレス・チェーンで働いていて、結婚7年目になる妻(32)がいた。
妻はヨガ講師で、潔癖症だった。
性行為への嫌悪感が強く、種村とのセックスは年に1〜2回しか応じなかった。

そんな妻に不満を抱きながら、種村は浮気に走ることもなくオナニーで我慢する日々だった。
妻の実家が資産家であり、結婚にあたって、一戸建ての家を与えられたことが、種村の負い目になっていたのだ。
種村の仕事はエリアマネジャーで、さまざまな店舗を巡回して運営指導を行なった。
帰宅が遅くなることもしょっちゅうだったが、妻はまるで無頓着だった。
種村は、仕事の合間に、若い女性宅の室内を盗撮し、下着を盗むようになった。
そして、盗撮映像や女性のパンティを"おかず"にオナニーに励んだ。
しかし、虚しさは募るばかり。
"ナマ身の女の温もりに触れてみたい"という強烈な欲望が、徐々に膨らんでいく。
ある晩、帰宅が遅くなった種村は、電車内から、駅ホームの隅のベンチに目を止めた。
若い女性が、酒に酔ってベンチにぐったりと座っていた。
体は前のめりになって、ふらふら揺れている。
種村は、すぐ電車を降りた。
ホームから人影が消えると、彼女に近づいた。
ミニスカートの膝が開き、無防備な様子だ。
ブラウスの隙間から、胸の谷間がはっきりと見える。
欲求を抑えられなくなった種村は、彼女の隣りに座って、親切そうに猫撫で声をかけた。
「酔ったんですか?大丈夫ですか?」
女性は、ぐったりしたままだった。

03月06日公開のvol.2へ続く・・・
鶯谷おかあさん
http://www.okasan-u.biz/
鶯谷の待ち合わせ型熟女紹介処 鶯谷おかあさんへようこそ

「女が欲しくて我慢できませんでした」法廷に立つ若い男は、あまりに直情的な犯行に手を染めた。 激しいセックス三昧の日々が遠のくと、それを懐かしんで女性の下着を盗み、ノゾキを重ねた。その果てに深夜、一人…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号