人妻大衆 TOP 桃色コラム

"ダメ社員"の部下が出張先で酔った美人巨乳上司をナマ凌辱 vol.2

2012-03-20
五反田人妻城
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

酔ったままソファで寝入り…

「お酒がなくなっちゃったの。買ってきてちょうだい」
酒を買った小沼は、彼女の部屋をノック。
部屋着姿の沙代さんは酒を受け取り、ソファで飲みながら、
「ちょっと小沼、そこに座んなさいよ!」
というと、説教を始めた。
彼女は、風呂上がりのせいかノーブラ。ツンとした乳首が部屋着からうっすら透けており、短パンからは美脚がスラリと伸びている。
"悪酔いしたり、説教さえしなけりゃ、いいオンナなのに……"
男はそう思いながら説教を聞いていた。
やがて彼女の声が止まり、代わって寝息が聞こえてきた。
「そのまま寝たら風邪を引きますよ」
男が親切心からそう声をかけると、
「うるさいわね」
沙代さんはベッドに倒れ込み、うつ伏せで寝入った。
小沼は部屋に戻ろうと立ち上がったものの、好奇心も湧いていた。
ドアが開いたままのバスルームの洗面台に、ポーチが見えた。ちょっと見てやろうと、バスルームに入っってポーチを広げた。
なかには、女性のデリケートゾーン用の潤滑ジェル、小型電動マッサージ器、そしてキャップつきの細身の電動バイブがあった。明らかに、女性のひとりエッチ用のグッズである。
さらに、ポーチの隠しポケットには、数個のコンドームがあった。
"この女、男といつでもセックスできる準備をしてるんだ"
男のなかで、彼女がウザったい女上司から、セックスに飢えた、ナマ身のバツイチ女へと変わった。
股間がピクンと反応した小沼は、そのポーチを手にベッドに戻る。
"どうせ、酔っ払ってるんだ。バレやしない"
そう高をくくり、彼女の部屋着をそっと脱がしにかかった。
部屋着を脱がせた体を仰向けにすると、ブルンと乳房が揺れる。
デカい……。
巨乳に感激した小沼は彼女の短パンに手をかけ、パンティごと一気に引き下げた。
オーッ!!彼女の見事な肢体に、男はナマ唾をゴクリと呑んだ。
抑えていた攻撃的なオトコの性が、急激に膨らんでいく。
彼女の両膝を揃えて持ち上げ、下からワレメを覗き込んだ。

03月21日公開のvol.3へ続く・・・
五反田人妻城
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

栃木よりお越しの竹下いずみさん52歳。ふくよかな乳房と臀部…重力に逆らわない豊かなナチュラルボディが魅力の専業主婦。28年連れ添ったご主人とはセックスレスどころか会話もまばらなほどに冷め切ってしまっ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号