人妻大衆 TOP 桃色コラム

蜜月だった彼女の"秘密"に激怒 逆上してナマ出し姦した鬼畜男 vol.3

2012-05-02
神戸マキシム
http://www.kobemaxim.com/
極上泡姫が最高のひと時をお約束いたします。

ナマでイチモツをメリ込ませ

市村は奈月さんとの初セックス以後、すぐに婚活サイトを退会した。

だが、彼女はどうか……。
無断で彼女のパソコンを立ち上げ、婚活サイトをチェックした。

市村はガク然とした。
彼女は前の日も、男たち数人とラブラブメールを交わしていたのだ。
頭にカーッと血がのぼった市村は、彼女を叩き起こして問い詰めた。
「ああ、それね」
彼女は妙に落ち着いた様子でいった。
「あんたより、ずっとお金持ちの男を探して、何が悪いの?女はみんな、金持ちが好きなの」
「なんだとォ!?オレの愛情を弄びやがって、このビンボーなクソ女!」
キレそうになった市村だが、感度のよい"イク女"をほかの男に奪われることに、強い未練があった。
「じゃあ、最後に1発ヤラせろ。そのあとテメエを捨ててやる!」
市村は奈月さんの細い首を絞め、彼女の耳元に脅し文句を告げた。
「逆らったら殺す。黙ってヤラせろ!!」
今度は彼女のパンティを使って、両手首を後ろ手に縛り、長い髪を摑んで引き寄せると、首を絞めながらフェラチオを要求。
強引に応じさせた。
その後、奈月さんのワレメを舐め上げてたっぷりと唾で濡らし、ナマでイチモツをメリ込ませた。
「最高だろ?」
市村はあざ笑いながら彼女の肉襞を押し広げ、凶悪な獣欲の赴くまま、膣内にドクドクと白濁液をブチ撒けた。
そのまま帰ろうとした市村だったが、怒りはなかなか収まらず、ついには彼女の顔面に放尿するという、最悪の屈辱を与えた。
警察で事情聴取を受けた市村は、
「あの女の"裏切り"がすべての原因です」
といい張ったものの、あえなく逮捕。
のち法廷へ。

弁解の余地もない犯行を遂げた男への厳刑は、ほぼ間違いない。
(文中の登場人物は、すべて仮名です)
神戸マキシム
http://www.kobemaxim.com/
極上泡姫が最高のひと時をお約束いたします。

"そういえば、あれってまだとってあったかな……" かつて彼女の部屋に住んでいた際、松川は鍵のコピーを作っていた。不動産屋から渡された鍵は引っ越すときに返却したが、コピーキーを捨てられずに持っていたの…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号