人妻大衆 TOP 桃色コラム

偶然見かけたキャバ嬢を狙い 自宅で凌辱した"ヒモ志願男" vol.2

2012-06-19
吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

「中国人に命を狙われている」

部屋に侵入した男は、玄関ドアの内鍵をかけると低い声で命じた。
「奥に行け!」
彼女は立ち上がって奥のベッドに腰かけると、頭の痛みに堪えながら侵入者に訊いた。
「なんでこんなこと、するんですか?」
大久保は自信たっぷりにいい放った。
「お前は殺されるところだったんだ。お前、キャバクラで働いてるよな。店の名前だって、もちろんオレは知っている」
大久保は店名を挙げた。
ごみ袋のなかに、給料袋が入っていたのだ。
「お前を恨むキャバ嬢仲間がいるぞ。その女が中国人の殺し屋グループに、お前を消すように頼んだんだ。今日が決行日だ!」

中国人グループ……香奈さんは、計り知れない"闇社会"の存在を想像して震え上がった。
「だから来てやった。オレのいうことを聞けば、殺し屋から守ってやる。カネを出すんだ」
彼女は"おカネを渡さないと殺されるかも……"と脅え、財布の中にあった1万円札3枚を渡した。
「ふざけんじゃねえ、もっとあるだろ!」
諦めた彼女は、バッグの中からポーチを取り出した。
そこには、昨晩受け取ったばかりの給料袋が入っていた。
給料は、ひと月に3回、現金で支給されていたのだ。
カネを奪った大久保は香奈さんの両肩を突き飛ばし、ベッドに仰向けに押し倒した。
「わかってんだろ?男が女とやりたいことは、ひとつだけだ」
レイプ……。
迫りくる恐怖に、香奈さんは胸を両腕で抱きながらガクガクと震えた。
次の瞬間、大久保の手の平が飛んできた。
ビンタを立て続けに食らわせたのだ。
「オレはテメエの"命の恩人"だぞ!」
男は馬乗りになると、次々と服を剝ぎ取った。
彼女を全裸にさせた大久保は、自分も服をすべて脱ぎ捨てて覆いかぶさってくる。
香奈さんの唇をこじ開けて舌を差し入れると、乳房を荒々しく揉んだり、乳首を咬んだりした。
さらにワレメをさんざん舐めまくって、彼女をうつ伏せにさせた。

06月20日公開のvol.3へ続く・・・
吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号