人妻大衆 TOP 桃色コラム

部下の"ミス"をデッチ上げて 美人婚約者を昏睡姦した卑劣上司 vol.2

2012-12-18
池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

これほどの名器は初めてだ!

ある週末の晩のことだ。
松尾は帰宅すると、食事を作って待っていた千佳さんにいった。
「おいしそうなカレーだなぁ。配膳は僕がやるよ。千佳は食卓にいてね」
そして2人は、いつものように夕食を食べ始めたのだが、しばらくすると千佳さんが強烈な眠気を感じ始め、そのままテーブルの上にぐったりと倒れこんでしまった。
その姿に松尾は驚く様子もなく、意識が朦朧とする彼女を抱きかかえてベッドに運び、横たわらせる。

"ゴメンよ……こうするしかなかったんだ……"

彼は溜め息をつき、心の中でこう詫びた。
彼女が昏睡状態に陥ったのは、彼が夕食のカレーに大量の睡眠導入剤を入れていたからだ。

彼女の寝息が聞こえてくると、松尾はケータイで金原に連絡をとった。
「課長、大丈夫です。準備できました」
やがて玄関から入ってきた金原は、ベッドで昏睡中の千佳さんの姿を満足そうに眺めながらいった。
「大丈夫。オレたちさえ黙っていれば、本人だって気づかないままなんだ」
松尾は、絶望に満ちた声で、
「課長、ゴムは必ず使ってくださいよ」
というと金原にコンドームを手渡した。
「ああ」
寝室のドアを締めた金原は、すぐに千佳さんの服を剝ぐとともに自身も全裸になった。
ベッドに上がると千佳さんの横に添い寝をし、体を触り始める。
"やっぱ本物はいい体だなぁ……"
まず彼女の乳房を揉みながら唇にキスをすると、乳首に吸いついた。
そして、全身に舌を這わせて舐め回していく。
ぐったりして起きる気配のない彼女の脚を開かせると、そのあいだにある蕾に舌を這わせた。
膣口から舌を差し入れて、蜜壷の中も舐めまわしていく。
さらにアナルのシワも丁寧に舐めあげた。
憧れの体に触れたことで金原の肉棒は、はち切れんばかりに勃起した。
"これほど硬くなったのは、いつぶりだろうか?"
一瞬、そんなことが頭をかすめた。
"さて、そろそろ……"
金原は、松尾との約束を無視し、ナマのまま陰茎を膣内に突き入れた。
ピストン運動を始めると、肉襞がネットリ絡みついてくる。
"なんだ、この密着感は!こんな名器の持ち主、会ったことないぞ"
すぐに射精衝動が訪れたため、いったんペニスを引き抜いてゴムを装着。
そして、再び挿入するとすぐに果てた。

"松尾のヤロウ、こんないい女摑まえやがって……。悔いがないよう存分に堪能してやる!"
射精後しばらくすると、興奮が蘇ってきたので、再度、千佳さんを犯すことにした。

そして、金原は彼女の体を思う存分楽しむと
「お前にはもったいないくらいいい女だな」
と、外で待つ松尾にいい残して立ち去った。

しかし、彼のドス黒い欲望はそれだけでは収まらなかったのだ。

12月19日公開のvol.3へ続く・・・
池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

ベッドでの日本人、これも外国人たちを驚かせるようだ。 まず日本人女性。 「(25)日本の女性、どうしてアソコを剃りませんか?最近は香港の女性もちゃんとケアしてるよ。和服着てエレガントな日本女性がボ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号