人妻大衆 TOP 桃色コラム

女性の"本性"を身勝手に解釈 凶悪凌辱を繰り返した鬼畜男 vol.1

2013-02-18
秘書と社長
http://h-shacho.com/
社長気分を味わいながら、五感+本物の快楽をご体感されてみませんか?

事件調書

被害者 :1人暮らしの5人の女性たち
犯行手口:開いていたベランダや窓から侵入
犯行現場:被害者の部屋
犯人  :歪んだ女性観をもった男

法廷に引き出された男は、歪んだセックス観を持っていた。
ハプニングバーに通い非日常的な痴態を見知るうちに、どんな女性も心の中ではセックスを求めていると身勝手に解釈。
獰猛な性獣と化した男は、ベランダの窓や玄関の鍵を閉め忘れた女性の部屋に侵入し、計5件もの強姦をやってのけたのだ。
※※
独身の電気工・玉城雅貴(31)の人生観を変えたのは、ハプニングバーだった。
会社の飲み会の帰りに、先輩社員に連れて行かれたのだが、男にとって店内で見た光景は、すべてが驚きの連続だった。
女性の放尿を一生懸命に口で受け止める男や、全身をまさぐられながら一心不乱にフェラチオしている女性。
"……なんだ、これは!"
玉城は、客たちの誰もが解放的な性を堪能している姿に、すっかり感心してしまったのだ。
彼の両親は、共に教師。そのため、子供の頃から生活面や勉強について、ことあるごとに叱られる毎日を送ってきた。
特に父親からは、「お前なんか死ね」などと暴言を吐かれ、時には殴られることもあった。
親から否定ばかりされてきたことで、男は、自然と強い劣等感を抱えるようになっていた。
"俺なんか、どうせ社会のクズなんだ……"
そんな思いの反動から、玉城はハプニングバーのなんでもありな雰囲気に魅了され、ひとりで通い詰めるようになっていった。
といっても、プレイに参加することはなく、ただ自由な空気を楽しんでいた。
転機は、あるとき、別の客から、男女が集う秘密のパーティーに招待されたことだった。

02月19日公開のvol.2へ続く・・・
秘書と社長
http://h-shacho.com/
社長気分を味わいながら、五感+本物の快楽をご体感されてみませんか?

被害者  食品メーカーの派遣社員女性(32) 犯行現場 被害者女性の自宅で 犯行手口 睡眠薬を使用されて レイプ犯 定年退職後の老後生活を送る男性

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号