人妻大衆 TOP 桃色コラム

通りすがりの美女を拉致監禁 全身咬みつき凌辱した鬼畜男 vol.2

2013-03-05
シャトーペトリュス
http://www.c-pet.jp/
熟女堪能!白い裸身がきわだつ!

酒と浣腸器を持ってきて……

「ここまで運ぶのも大変だったぜ。さあ、ゆっくり楽しませてもらおうかな」
浅利が煙草を吸いながら満足げにいうと、彼女が涙声で哀願してきた。
「結婚を約束した彼がいるんです……」
だが、男は脅え切った愛未さんをあざ笑うと、こう言い放った。
「イヤか?怖いか? じゃあ、いい方法がある」
そして、隣室からアルコール度数の高い酒と太い浣腸器を持ってきた。
「えッ!?そんな……」
愛未さんの声を無視し、浣腸器で酒を吸うと、彼女の肛門にベビーオイルを塗り、その先端を突き入れた。
大量の酒を注入し終えると、彼女は再び意識を喪失した。アルコールが腸内から急速に吸収されて、血中濃度が高まったためだ。
浅利は気を失った彼女の姿を見ながら、再び煙草を1本吸うと、信じがたい異常な凌辱を開始した。肩や腕、脇腹から太腿と、全身に咬みついていったのだ。
さらに、女性器へも容赦なく凌辱を加えていった。
陰部に食らいつくと、大陰唇の柔肉を食いちぎらんばかりの勢いで引っ張ったのだ。
男は、全身のありとあらゆる場所に歯型がついた愛未さんを見て、歪んだ優越感に浸った。
そして、すっかり勃起した陰茎にベビーオイルを塗りたくると、彼女の膣内に埋め込んだ。
"おお、なかなか、いい味じゃないか!"
肉襞の感触を楽しみながら、ゆっくり腰を動かしていく。こうして彼女の体を堪能しつくすと、膣内に白濁液を解き放った。
しばらくして昏睡状態から覚めた愛未さんに、男は容赦なく言い放った。
「おまえは、これからオレの性奴隷だ!」
そして、何度もレイプに及んだのである。
監禁が始まってから3日後、ありとあらゆる凌辱を加えられた愛未さんは、極度の衰弱状態に陥った。
"やりすぎたか?ここで死なれでもしたら、オレが困っちまう"
さすがに怖くなってきた浅利は、ぐったりした彼女を車に乗せて河川敷まで運ぶと、そこに放置して逃走した。
犯行後、彼は何食わぬ顔で再就職を果たし、日常生活に戻った。だが、1年後に再びクビになり、そのストレスが原因で、またもやレイプに手を染めた。
だが、襲った女性が空手の有段者だったため、逆に反撃を食らって、警察に連行されることになった。
その際の取調べで、被害届が出ていた愛未さんへの強姦容疑が浮上。最終的に、DNA鑑定の結果が証拠となって逮捕された。
そして、男は法廷へ。

03月06日公開のvol.2へ続く・・・
シャトーペトリュス
http://www.c-pet.jp/
熟女堪能!白い裸身がきわだつ!

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号