人妻大衆 TOP 桃色コラム

改心したはずの痴漢常習犯が アイドル候補生をバイブ凌辱 vol.1

2013-03-18
風俗城
http://www.f-jyo.com/
黒髪の清楚系人妻や未経験の素人まで 幅広い層の女性を網羅しています

事件調書

被害者 :売り出し中のアイドル
犯行手口:黒いタイツで覆面をして侵入
犯行現場:被害者のひとり暮らしの部屋
犯人  :酔って痴漢を繰り返す男

酔っ払った男は、深夜、オートロックマンションのフェンスを乗り越え、各戸の玄関のドアノブをひとつずつ回して歩いた。
やがて鍵をかけ忘れた女性宅を発見すると、街に引き返して、女性用の黒タイツを購入。それで覆面をして侵入した。
男は、女性宅に押し入ると、すぐにベッドで就寝中の女性を強襲したのだ。そのとき男が手にしていたものは、飲み会の際に景品で貰った電動バイブだった。
※※
勝谷正樹(41)は子供の頃、酒を飲んで酔っ払った父親からしょっちゅう殴られて育った。
いつも母親が彼をかばってくれるのだが、そうすると彼同様、母親も父親からボコボコにされた。
得体の知れない父親の怒りに触れて、彼はただ脅えおののくばかりだった。だが、母親は違った。
殴られたあとも、喜んで父親と同じ布団に寝るのだ。しかも、お互いに全裸姿だった。布団の中で、父親は母親の美しい体を弄んでいた。
母親の両脚をカエルのように開くと、そこに電動音のする道具を出し入れするのだ。最初見たときには、勝谷は、父親が何をしているのかわからなかったが、中学生になったときに、それが電動バイブだと知ってしまう。以降、母親を哀れむとともに、父親を憎悪するようになっていく。
高校をかろうじて卒業した彼は、住み込みの仕事を転々とすることになった。
どんな仕事をしても自信が持てなくて、長続きしなかったのだ。
いつしか勝谷は、溜まったストレスを酒で発散させるようになり、有り余る性欲から、ある痴漢グループに加わるようになった。
痴漢をする場所は、もっぱら電車だった。混雑する電車内で、若い女性をグループのメンバーで取り囲み、痴漢をするのだ。狙った女性の下着を引きずり降ろすと、遠慮なく茂みの奥に指を突き入れて弄んだ。
勝谷は、最初、見張り役からスタートした。その後、被害者女性に泣き寝入りをさせるため現金を握らせる役目を経て、ついに、自分も痴漢をさせてもらえるようになった。
だが、3度目の犯行で、捜査員たちに取り囲まれ、一斉逮捕されてしまう。
最初は、裁判で執行猶予がついた。だが、すぐにまた酔った勢いで痴漢をしてしまい、実刑を食らうことになった。
それでも痴漢が生きがいとなっていた彼は、シャバに戻っては酒に溺れて痴漢を犯し続け、刑務所との行き来を繰り返した。
そして、40代で6度目の服役中の彼に、衝撃的な知らせが届いた。
手紙は親戚からで、母親が亡くなったことが淡々と綴られていた……。

03月19日公開のvol.2へ続く・・・
風俗城
http://www.f-jyo.com/
黒髪の清楚系人妻や未経験の素人まで 幅広い層の女性を網羅しています

「お客さんの体力と時間さえあれば何回でも♪」 何の話かといえばイクイクー。オーガズムの話で、もちろん待ち合わせ&デリバリーヘルス『ギン妻パラダイス和歌山店』

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号