人妻大衆 TOP 桃色コラム

"社会への復讐"を誓った男が 緊縛した娘の前で母親を強姦 vol.2

2013-04-23
アムール
http://club-amour.com/
最高の美女達と究極のマットプレイを… 日常では味わえない最高の快感…

射精後眠りから覚めると…!?

射精後、急にどっと疲れが出てきた。そこで、正常位で結合したまま彼女に全体重をあずけた。そして、セックス後の余韻を楽しみながら、そのまま鼾をかいて眠り始めた……。
目が覚めたのは、翌日の昼頃だった。辺りを見回しても彼女の姿はない。心配になって財布の中を調べると、悪い予感が的中した。現金支給で渡されていた1カ月分の給料を丸ごと奪われていたのだ。
"ふざけんな!薬を飲ませたのも、これが理由だったのか!"
あてもなく街をうろつき、空腹のまま夜を迎えた。
"クソ!オレなんか世の中にいなくても同じだ〞
空虚感のあとは底知れぬ怒りが湧き上がってきた。"オレがこんな目に遭うのは世間のせいだ!社会のルールを破って自由になってやる!"
その晩、意を決した深井は住宅街の路地をうろつくうち、あるアパートの2階の部屋に狙いを定めた。
ベランダの窓が開いており、女性好みの花柄カーテンが夜風に揺れている。
"しめしめ、女の部屋だ。しかも、窓が開いている"
すぐに電柱をつたってベランダに降り立った。
窓の隙間から室内を覗き込むと、若い女性がベッドの上でぐっすり眠っている。専門学校生の進藤真央さん(20)だった。
室内に侵入すると、そっとベッドの横を通って台所へ。そこで包丁とビニール紐を見つけて手にしてからベッドへ戻ってきた。
"よし!やってやる!"
一気に布団を剝いで馬乗りになり、彼女の顔面に包丁を突きつけた。
彼女はすぐに目を覚ましたが、あまりの恐怖で声も出なかった。
「声を出したら殺す! 黙っていうことを聞けよ」
彼女の服を剝いで全裸にすると、そのままビニール紐で後ろ手に縛り上げた。
彼女が抵抗できないことをいいことに、乳房を鷲摑みにして揉みしだくとともに、乳首に嚙みついた。
「逆らったら、こいつを食いちぎってやる!」
下半身にも凌辱を加えた。震える両脚を広げさせると、女性器を指で広げて膣口を開き、しばらく観察。
「お〜、ピンク色で可愛らしいねえ」
そういいながら舐めまわしたり、指を突っ込んで膣内をかき回したりした。
そして、満を持して挿入。激しいピストン運動をしばらく続けると、容赦なく膣内に射精をとげた。
強姦後は、逃走せずに室内を物色した。すると、どうもひとりで住んでいるようには思えない。
「おい!お前、誰かと一緒に住んでいるのか?」
「……は、母と一緒です。でも、朝にならないと帰ってこないと思います」

04月24日公開のvol.3へ続く・・・
アムール
http://club-amour.com/
最高の美女達と究極のマットプレイを… 日常では味わえない最高の快感…

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号