人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

美人キャバ嬢と結婚したくて力ずくでアナルを奪った鬼畜 vol.1

2013-09-09
吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

事件調書

被害者 :加害者と体の関係があったキャバ嬢
犯行手口:力づくでアナルセックスを強要
犯行現場:ラブホテルの部屋
犯人  :結婚に憧れるトラック運転手

裁判官から犯行動機を問われた被告は、ポツリとこう明かした。
「アナルさえ奪えば、女に逃げられる心配はないと思ったんです」
男はキャバクラに通い詰め、お気に入りのキャバ嬢と男女の仲になった。
しかし、それだけでは満足できず、彼女とのアナルセックスを切望。
断られても諦め切れず、無理やり肛門を犯すという凶行に至ったのだ。
**
トラック運転手の水口勝俊(33)は、児童養護施設で両親の愛情を知らずに育った。
その反動で、彼はずっと家族と結婚への憧れを抱き続けて生きてきた。
だが、口下手の彼はなかなか彼女ができず、口説くのはもっぱらキャバ嬢。
タイプの女性を見つけると、ひたすら店に通い詰めた。

最初にチャンスを摑んだのは5年前。
お気に入りのキャバ嬢をせっせと車で送り迎えし、高価なプレゼントを贈った努力が実って、ついにラブホテルでセックスしたのだ。
何度か彼女と体を重ねるうちに、水口は彼女との結婚を強く意識するようになっていった。

その頃のことだった。
彼女から借金を申し込まれたのだ。
実家で1人暮らしをしている母親が、重い病気かかに罹ったと説明を受けた水口は、迷うことなく、彼女に大金を渡すことにした。
だが、カネを渡して数日後、彼女との連絡がプッツリと途絶えた……。

"騙しやがって!"

水口は、空しい怒りを覚えたが、慰めてくれる女性もいない。
彼は人が恋しくなると、キャバクラ通いを再開した。

そして前と同じように、惚れたキャバ嬢を見つけると、カネと時間をかけて落とすことに成功。
しかし、またしても、そのキャバ嬢に裏切られてしまうのだ。
彼女はセックスに積極的だったが、常に別の男の影がちらついていた。
"この女、浮気してるんじゃないか?"
図星だった。
彼女は、枕営業で客を次々に呼び込む"ヤリマンキャバ嬢"として有名だったのだ。
深く傷ついた彼は、彼女との連絡を断つことにした。

09月10日公開のvol.2へ続く・・・
吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

友里奈さんは自宅の扉を開けた。 室内は暗い。 そして彼女が玄関に入った直後。 ニット帽を目深にかぶり、黒サングラスに白マスクで顔をすっぽり隠した種村が躍り込んだ。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号