人妻大衆 TOP 桃色コラム

夫婦生活のストレスで大暴走女優の卵を強姦した専業主夫 vol.2

2013-11-26
Revenge
http://kobe-revenge.com/
ソープ+α本格オイルマッサージで疲れた身体に極上の癒やしを…

勃起したペニスを見せつけた

ある夜、家を出た松戸は、なんとなく公園に向かった。
深夜の公園では、ベンチで若いカップルが抱き合ってイチャついていた。
その姿をこっそり覗き見していると、抑えきれない性欲が湧いてきた。

"クソ!俺だって、やりたいようにやりてえ"なかば自暴自棄になった男は、持て余した性欲の炎を鎮めるために公園を出ると、若い女性を探し始めた。たまたま近くの路地を歩いている女性を見つけるや、前に走り出て、突然ズボンとパンツを下げた。
勃起したイチモツを誇示するように見せつけたのだ。

女性は声も出さず走って逃げていったが、一瞬見せた、恐怖で凍りついた彼女の表情はたまらなかった。
男はスリルを伴う興奮にすっかり陶酔したのだ。

以降、松戸はすっかり痴漢行為にハマってしまった。
夜な夜な徘徊(はいかい)して獲物を見つけると、勃起したモノを見せつけて逃げた。
露出行為に慣れてくると、今度は、女性のスカートをめくったり、乳房や股間に触れて逃げるようになった。

痴漢を繰り返すうちに、男の邪悪な欲望はどんどん膨らんでいった。
"もっと強烈なスリルや興奮が欲しい!"そして、ついにその獣欲が火を噴くことになる。

いつものように、深夜、駅付近で獲物を探していた松戸は、ある女性に目を付けた。
スナックのバイト帰りの女性で、宮村美里さん(22)といった。
美里さんは女優を目指しており、目鼻立ちの整った美貌とスリムなスタイルの持ち主だった。

松戸は美里さんを尾行し、スーパーで買い物をする彼女を待ち、ようやく人けのないところに来ると声を掛けた。
「おい、待て!」
サングラスにマスクで顔を隠した松戸は、彼女の脇腹に刃物を突きつけた。
「騒いだら刺すぞ!黙ってこっちにこい」
低い声でそう告げ、後ろから追いたてながら、雑居ビルの階段を屋上まで昇らせた。
「よし、そこで脱ぐんだ」
美里さんが声を震わせながら聞いてきた。
「……そんな……脱ぐなんてできません」
「ここから飛び降りることならできるのか」
「……」
「どうするかは、お前が自分で決めろ」

11月27日公開のvol.03へ続く・・・
風俗なら「ヌキなび」
2000年からの運営実績が生み出す安心と信頼!悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!お得な情報も満載!口コミ多数掲載で優良店が探しやすい!
Revenge
http://kobe-revenge.com/
ソープ+α本格オイルマッサージで疲れた身体に極上の癒やしを…

世の男性を“総勃ち”させてきた彼女が、ついに生まれたままの姿を披露する日が刻一刻と近づいている

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号