人妻大衆 TOP 桃色コラム

息子の出生の秘密を知り絶望行きずり強姦に及んだ鬼畜男 vol.02

2013-12-17
風俗城
http://www.f-jyo.com/
黒髪の清楚系人妻や未経験の素人まで 幅広い層の女性を網羅しています

このままどこかへ消えよう・・・

こうした生活が続き、桜木は将来への望みを失っていった。
"いっそこのまま、どこかへ消えてしまいたい"
そんな願望にとらわれた彼は、ある日の出勤時、電車を途中で降りると、ケータイをごみ箱に捨てた。

そして職場に向かうのをやめた。
"もう耐え切れない。どこかへ消えてしまおう……"
桜木は電車を乗り継いで、ある地方都市で降りた。

そこでインターネットカフェ暮らしを始めた。
昼は何をするでもなく公園で時間を潰し、夜はインターネットカフェの狭い部屋で眠りにつく生活。
荒んだ生活は桜木の心を蝕み、次第に自暴自棄な気分にさせていった。

"女を信じたオレがバカだった。女なんかセックスの道具でいいんだ!"
インターネットカフェでエロ画像を見ながらオナニーに耽る桜木は、凶暴な気持ちに駆られるようになっていった。

"女をひどい目に遭わせてやりたい……"
そして、その黒い欲望はついに実行に移される。

桜木は夜中に街を徘徊しながら若い女性を物色し、やがてスマートフォンを操作しながら歩くある女性に目を付けた。
ミニスカート姿の小柄な美女で、好みのタイプだった。
"スマホに気を取られて警戒心が薄いはずだ。襲うチャンスだ!"
狙われたのは、合コンからの帰り道だったデパート店員の奥田加純さん(26)。
ちょうど合コンで知り合った男性と連絡を取り合っているところだった。
暗い道に入ると、桜木は加純さんの背後から接近し、いきなり彼女の口を塞ぎ、もう一方の腕で首を絞めた。
そのまま引きずって暗がりへ連れ込んだ。
男は素早くガムテープで彼女に目隠しをすると、仰向けに押し倒した。
服の上から乳房をわしづかみにする。
「声を出したら殺す……」
そんな脅し文句を聞いても、加純さんは、顔を左右に振って拒む態度を示した。

だが、その姿が逆に男の欲望に火をつけた。
桜木はミニスカートの裾をめくって股間をまさぐると、パンティを一気に引き下げた。
「犯してやる!」
必死に閉じようとする両脚を無理やりこじ開け、陰部を探り始めた。

だが、その時だった。
「何をしているんだ。警察を呼ぶぞ!」
付近を通りかかった帰宅中の男性が、2人の姿を目撃して一喝したのだ。
桜木は、即座に逃げ去った。
レイプは未遂に終わったが、桜木はすぐに第2の犯行に及んだ。

12月18日公開のvol.03へ続く・・・。
風俗城
http://www.f-jyo.com/
黒髪の清楚系人妻や未経験の素人まで 幅広い層の女性を網羅しています

翌朝、美月さんはレイプ被害に気づかないまま、ホテルをあとにした。 これにすっかり味をしめた藤木は、さらなる悪の道へと突っ走っていく。 実は、男は半年前に工場をリストラされた際、薬品を持ち出していた。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号