人妻大衆 TOP 桃色コラム

人妻が楽しむカラオケボックス「昼下がりの情事」 vol.02

2014-03-28 [週刊大衆03月31日号]
神戸マキシム
http://www.kobemaxim.com/
極上泡姫が最高のひと時をお約束いたします。

あんただってやりたいくせに

このカップルが帰るとき、那美さんは"ハハ~ン"と思いあたったと言う。
「あんなに激しくやっていたのに、出てくるのがやたら早いんですよ。それで気づいたんです。カラオケボックスなら、さっさとエッチができるなって。これって、人妻にとって大事な条件ですよ」

早い、安い、ばれない。
この三拍子が揃っているから、カラオケボックスは奥様の浮気天国となっているのだ。

いや、浮気だけではない。
「一人カラオケが流行っていて、昼間から一人で歌いに来る人妻も多いんです。ストレス発散が目的なんでしょうね。お酒もガンガン注文するんですが……」

苦笑いするのは、神奈川県の高級住宅地のカラオケボックスで働く後藤純一さん(28)。
「石田ゆり子似の細身の奥さんなんです。常連さんで顔なじみです。40代前半かな。その日は何かあったのか、相当飲んでました」

何度目かのオーダーでジントニックを持っていったときのこと。
「酔っ払った奥さんは、ソファにフニョと座っていました。ブラウスの胸元ははだけてるし、スカートもめくれて色白の太腿まで丸見えだしで、僕もドギマギしました」

目もうつろな奥さんは、「ちょっと横に来て、介抱して~」と声をかけてきたという。

むろん丁重にお断りしたが、「いきなり僕の手を引っ張って引き寄せるんです。で、ソファに倒れ込んだ僕の太腿にすかさずまたがって、耳元で"あんただって、やりたいくせに"って、すげえ淫乱な顔をして囁いてくるんです。腰を揺すりながらですよ。なんとかなだめて逃げたけど、僕のズボンの腿の部分は湿っていました。ほんと、どんだけ濡れてたんだって話ですよ」

あなたの街のカラオケボックスでも、白昼は歌声よりも、淫らな嬌声が鳴り響いているかも!?
神戸マキシム
http://www.kobemaxim.com/
極上泡姫が最高のひと時をお約束いたします。

千葉県よりお越しの藤堂さゆみさん46歳。元・学校教師の藤堂さん、両親の介護に専念するため仕事を辞めたんだそうですが、塾講師のご主人の理解のなさについに我慢が爆発。その時の「勝手にしろ!」というご主人…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号