人妻大衆 TOP 風俗

情の深い紀州の熟女と大満足のナマ合体2連発

2013-12-04
池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

和歌山/ちょんの間/弥生さん(32)

紀伊半島を洗う黒潮に育てられた新鮮な魚介類は、白浜や勝浦まで足を運ばなくとも、ここ和歌山市で十分に堪能できる。
表玄関のJR和歌山駅前に名店が集まっているが、営業はどこも夕方から。
なので、アタシは先に下半身を満足させることにした。

さて、和歌山市のフーゾクだが、店舗型なら新雑賀町のソープ街と新内のサロン店が人気だ。
特にサロン店の多くはサービスが濃厚のうえ、ギャルが多数在籍するから、わざわざ大阪から客がやって来る。

店舗型以外では、デリヘルが好評だ。
なぜか?
「そらな、紀州の女が情が濃いからや。土地の女と遊んだら、まず男の思うがままや。アハハッ」(初老のタクシー運転手)

そのタクシーに連れられて、ラブホに入って呼んだのが人妻バツイチ系のデリヘル。
もちろん、地元の女性を希望した。
「あ、いいッ。もっと、もっと、もっとしてええー」

秘所舐めで悶えまくる37歳のFカップ妻は、正常位の体勢のまま、淫らに大股を開くと、「もう我慢できへーん。ええから、欲しいから、そのまま来てええー」

つまりはズバリの挿入、それもナマで……。
結合している間、奥さんは巨乳を自ら揉みしだき、2度も果て、いよいよ爆発する段となって、「そのままイッパイ出してえ。いま、アッ、イクッ」と叫んだ。

なるほど、こりゃ情が濃いもいいとこだ。
日が暮れて、繁華街・新内のスナックに収まった。
するとママが「和歌山の名物です。今日買ってきたの。よければどうぞ」と、サンマ寿しを出してくれた。

それが実に美味で、地酒の『黒牛』によく合った。
さすが黒潮の町だと、満たされた面持ちで外に出ると、またもや人肌が恋しくなった。
秋も深まると、人恋しくてしょうがない。

タクシーを拾って向かったのは、ちょんの間街の天王新地。
営業している店が少なくなり、風前の灯に近い状態だが、とりあえず、一軒の店に靴を脱いで上がってみると、やり手ババアに2階へ案内された。

そこにはシングルの布団が敷かれている。
お相手の女性・弥生さんは地元のバツイチで32歳。
鼻筋の通った、いい女だった。

ボディは細身だが、乳房はCカップの豊乳、お尻も見事に膨らんでいた。
まずはフェラで元気にしてもらってから、ナマで合体すると、弥生さんがか細い声で悶え始めた。
「ア~、かんにんえ~。かんにんえ~」耳元で響く、熟女らしい艶っぽい喘ぎ声に刺激され、股間が大興奮。

ドッと発射した。

池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号