人妻大衆 TOP 桃色コラム

請求された金額が「高い」と値切られたことで女が逆上

2013-10-23
Revenge
http://kobe-revenge.com/
ソープ+α本格オイルマッサージで疲れた身体に極上の癒やしを…

出会い系事件簿♯17

被害者:中山篤(31)会社員
犯行手口:手当たり次第に物を投げただけ
加害者:高橋裕子(23)専門学校生

 会社員の中山篤(31)は、ラブホテルの一室ですでに女性と一戦交えていた。彼女は、高橋裕子(23)。つい数時間前、出会い系サイトで知り合った。女子大生だと言っていた。会ってみると、ルックスもスタイルも、まあまあで普通だった。それでも、素人の女子大生ということに、なんとなく期待した。 (まあ、いいかな)
 中山はそう思って、彼女とホテルに入った。彼女が現金目当てであることも、事前に了解していた。
 彼女のスタイルは思ったより良かった。肌もきれいなほうだった。セックスも、悪くはなかった。だが、感激するほどのものではなかった。時おりあげる「アン、アン」というあえぎも、身をよじってもだえる様子も、なんとなく演技のようだった。その意味では、素人のようだったが…。
 とくにこれといった特徴もない、ごく普通の、平凡なセックスだった。
 服を着てから、彼女は手を伸ばしながら言った。
「それじゃ、約束だから」
 ホテルに入る前、「3枚」ということで中山は承知した。すなわち3万円。
(1時間ちょっと、1発やって3万か…)
 風俗などと比べれば、明らかに高い金額だ。
「あのさあ、ちょっと安くしてもらえないかな」
「えっ?」
「ほら、まだ1時間しか経っていないし、それに実は俺、ちょっと厳しいんだよね」
 それを聞いたとたん、裕子の態度が激変した。
「ふざけないでよ。約束したでしょう。バカじゃないの!」
 そう怒鳴りながら、中山に詰め寄った。中山はなだめようとして裕子に言った。
「実はさ、2万しかなくて…」
 それが裕子の怒りに油を注いだ。
「ふざけるなよ!」
 逆上した裕子は、手当たり次第に物を投げつけ始めた。
「うわっ、やめろ!」
「うるさいっ!」
 身の危険を感じた中山は、フロントに電話した。
「助けて、殺される」
 ホテルは警察に通報し、パトカーまで来る騒ぎとなった。売春の件は2人ともうやむやにしたが、警察でたっぷり油を絞られた。

 今回はとくに被害届けが出ていることもなく、ケガをしているわけでもないので、2人とも注意程度で済むだろう。
 それにしても、男のほうは野暮というほかはないが、女性のほうも「素人」なのに金のことで逆上するとは大人気なかろう。それにしても、この手の女性たちは自らの「値段」について何を基準に決めているのであろうか。
 ちなみに、「プロよりも素人のほうが金額が高い」というのは、実は今に始まったことではない。昭和30年頃のある調査を見ると、赤線などの料金に比べて、素人のほうが1.5倍から2倍近く高かったらしい。昔から「素人」はひとつの付加価値だったのだ。  

※登場人物はすべて仮名です。
※実際の事件をもとに構成しています。

風俗なら「ヌキなび」
2000年からの運営実績が生み出す安心と信頼!悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!お得な情報も満載!口コミ多数掲載で優良店が探しやすい!
Revenge
http://kobe-revenge.com/
ソープ+α本格オイルマッサージで疲れた身体に極上の癒やしを…

勉強の出来ない兄・シンスケと弟・アキラたち兄弟にほとほと手を焼いていた両親は巷で噂の凄腕家庭教師・まどかを雇うことにする。だが、ただでさえ勉強ができない兄弟はまだオンナを知らない童貞でまどかの熟した…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号