人妻大衆 TOP 桃色コラム

不倫経験アリのきゃりぱみゅ好きなOL「ゆいちゃん(26)」に即会いしました!

2013-07-08
モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

もっと画像を見る

記者は今年で36歳になる。実家の老いた両親は、月に一度は電話をかけてきて、「まだかまだか」と一人息子の結婚を急かすのだが、そんなこと言われても、相手がいなければどうしようもないではないか。そんなボヤキを聞いた『恋華大衆』編集部が、記者にすすめたのが出会いサイトである。

「そういう人のための出会いサイトですよ! 経費は編集部で持ちますから、いい女を捕まえてそろそろ幸せ掴んでくださいよ!」

と、妻帯者に上から目線で言われて若干気に触ったが、悪い話ではないとも思う。
 編集部の要望は、出会いサイトにかじりついて、女に出会うまでをルポしてほしいとのこと。初心者の記者なら、大手の老舗サイト、「PCMAX」(ピーシーマックス)から始めるのがよいだろうと親身なアドバイスももらった。なにしろ同サイトは、数百万人の会員と、10年以上の歴史を誇るビッグネームらしく、

「それだけ会員がいれば、誰かひっかかるでしょ」

と、編集部は高田純次ばりの適当加減だ。

 かくして、記者は、出会いの可能性を最大化するよう、プロフィール設定に知恵を絞りながら会員登録をしてみた。

【年齢】サバ読みなしの36才
【身長】実サイズに5センチ上乗せ
【体重】5キロカット
【自己PR】お酒とおしゃべりをこよなく愛する社交的で陽気な男を強調。

ただ、これだけでは他のライバルと差別化できないので、人相占いを勉強中ってことにした。女子の目からすれば、なかなか気になる人物像のはずだ。上出来である。

 さて、会員登録が済んだら、まずは掲示板に書き込みである。釣りと同じで、針を垂らさなければ魚はかからない。そして、魚が食いつくためにはエサが必要である。

 いまどきの女子の気を引くには、何を訴えたらよいのだろう。10分ほど考えて出た結論は、きゃりーぱみゅぱみゅである。きゃりーちゃんなら女子受けは間違いないはずだし、こちらも、きゃりー好きを装うことで、ファッション感度高めの男をアピールできる。なんて素晴らしいエサだろうか! 

さっそく掲示板に、きゃりーのライブに誘う書き込みをしてみた。あとは朗報を待つのみだ。

 最初のメールが届いたのは、それからわずか5分後。きゃりーグッジョブ! と親指を立てながらメールを開く。

「あなた、業者なの?」

 たった一行だけ。なんの業者を指しているのか不明だが、どうも警戒されているようだ。この後さらにメールが4通来たが、どの子も「気になります」ボタンを押すにとどまっている。記者の書き込みが気になってはいるが、返信メールを書く手間をかけるほどではない、という意味だ。興味が半分、警戒が半分といったところか。入れ食いの予想に反して、なかなか手ごわい展開である。

 気を引き締めて、その4人に丁寧なメールを送ってみる。とりあえず、「気になります」ボタンを押してくれたお礼と、自己紹介である。  それに返事をくれたのは、ただひとり。「ゆいちゃん(26才)」から、

「きゃりー好きなんですか?」

とメールが来た。きゃりーのファッションが好きだと記者が返すと、ここでどうやら仲間認定された様子。ゆいちゃんは次々ときゃりー愛にあふれるメールを送ってくる。記者は一生懸命ネットできゃりー情報を検索して返事を書きつつ、

「会社にもきゃりー好きの女子はいるの?」

と、徐々に話題を彼女の勤め先にずらしていく。人間なら誰しも、たいてい勤務先に不満を持っているもの。愚痴を聞きつつ距離を詰める作戦だ。

「他の女子と話さないから分からないです」

と、案の定である。
 こうなればあとは丁寧に釣り糸を巻きとるだけ。トータルで50往復程度のメールをやりとりし、新宿で会うことになった。

 待ち合わせ場所にはやめに着いた記者は、きゃりー風のビビッドなファッションに巨乳を包んだゆいちゃんを、雑踏の中に探していた。

 そこへ声をかけてきたのは、きゃりー服とはほど遠い地味ファッションの女性。つけまつ毛も無しだ。しかも口元はマスク着用である。そう、人生とは、「話が違う!」の連続なのである。

 ただ、喫茶店に入り、落ち着いてよく見れば、決してハズレではなかった。なまじ期待値が高かっただけにズッコけたが、お笑い芸人の友近に似た感じの顔は、中の上ランクだろうか。

 コーヒーを飲みながら、さっそく核心に触れてみた。

「きゃりーちゃんみたいな格好で来るかと思ってたよ」

 彼女は笑って答える。

「いい大人が、まちなかであんな格好してたらおかしいでしょ」

 ごもっともだ。すごく常識人である。なのに、どうして会社の同僚とうまくいかないのだろう。メールでは、婦人服売り場のリーダーとして、あえて嫌われ役をやっていると書いていたが、それだけが理由だろうか。

「う~ん、私、不倫してたんですよ。上の人と。それがみんなにバレちゃってるんです」

 不倫を続けた理由ががぜん気になる。

「それ聞きます? だって、したくなるときって、あるじゃないですか」

 ストローでコーヒーをかきませながら、バツが悪そうに彼女は言うが、あえて狭い人間関係のなかでやらなくてもよさそうだが……。

「私と会って、どう思いました?」

 いきなり不倫話を打ち切って話を変えた。セックスの誘いの入り口というにおいがする。願ったり叶ったりだが、他の男ともこんな風に会って、セックスしているのなら、ちょっとイヤである。ここはストレートに聞いておくべきだろう。

「あのサイトで会った人とセックスしてるの?」

 ひと呼吸置いたあと、めったに会わないし、会ったとしても食事程度だと彼女ははぐらかす。十中八九、ウソだろう。試しに、男と食事をしたとき、どんなお店に連れて行かれたかを尋ねてみると、

「ほとんど居酒屋かなあ」

と、かなりの数の男性と会っている気配だ。

「でも、お酒を飲んだらやりたくなっちゃうんでしょ?」

 彼女はバッグからタバコを取り出し、火をつけた。煙を吐きながら、不機嫌そうに

「会った男の人全員とやっちゃうほどバカじゃないし」

と反論し、携帯電話をいじりはじめた。
 10分経っても、彼女の電話いじりは終わらない。邪魔をしないようにおとなしく待っていた記者だが、次の質問を投げてみた。

「ご飯だけの相手と、セックスまでいけちゃう相手は、どのへんに違いがあるの?」

 いじっていた携帯電話をパタンと閉じ、頬杖を突きながら、彼女は満面の笑顔をつくった。

「質問ばかりする男の人は、嫌われますよ。次、用事が入ったから。じゃあね」

 そう言って、ウェイトレスが水を注いだばかりのグラスを、一気に飲み干し、彼女は喫茶店を出て行った。
(次回に続く)

 

創設10年以上の会員数400万人を突破した超有名SNS!PC限定でアバターを動かしながら、最大15名までの同時チャットが可能なアバターチャットルームオープン!
PCMAX(ピーシーマックス)
URL:http://pcmax.jp/
風俗なら「ヌキなび」
2000年からの運営実績が生み出す安心と信頼!悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!お得な情報も満載!口コミ多数掲載で優良店が探しやすい!
モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

これも草食系男子の急増が原因か……。発射なしのピンクな店に今、大行列ができているという。これを探るべく、客として潜入。「ヌキ」がなくても人気のワケを探った!

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号