人妻大衆 TOP 桃色コラム

恋人の二股交際を知って激怒交際相手の前で強姦した鬼畜 vol.02

2014-01-28
池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

こんなにエロい女は初めてだ

その飲み会で、すっかり泥酔状態の彼女に誘われたのが、独身後輩社員の市橋圭祐(25)だった。
「あたし、今日は酔ってるの~。飲み会が終わったら家まで送ってよ。みんなには内緒でいいことしよ!」

市橋は彼女に誘われるまま同意。
送って行って彼女の部屋に入ると、すぐに彼女は衣服をすべて脱ぎ捨てて全裸姿になった。

「ねえ、一緒にシャワーを浴びよ!」
そう言って市橋の服を脱がし始める沙耶さん。
市橋は彼女に身を任せて全裸になると浴室に入った。

バスルームに入ると彼女は率先して膝立ちになってフェラチオを始めた。
身震いするほどの快感が市橋を襲う。

「うう、我慢できない」
彼女の舌使いは絶妙で、すぐに射精欲が湧いてきた。
それを察した彼女はフェラチオを中止。
浴室を出てベッドへと向かった。

彼女を追いかけてベッドに入ると、市橋は貪りつくように彼女の乳房を攻め立てた。
胸に顔を埋めながら彼女の股間に手を伸ばすと、そこはすでに激しいヌカルミ状態になっていた。

「着けてあげるね」
彼女はコンドームを取り出して口に咥えると、そのまま手を使わずに器用にペニスに装着。

準備万端になった市橋は、彼女の膣口を一気に貫いた。
そのまま力強く腰を振り始める。
沙耶さんのアエギ声が一段と大きくなった。
快感が高まってくると、彼女は率先して騎乗位になって腰を激しく振りまくった。

そして、そのまま絶頂に達してベッドに倒れ込んだ。

"すっげえ……。こんなにエロい女は初めてだ"
すっかり沙耶さんに惚れ込んだ市橋は、翌朝、彼女に「結婚前提でつき合ってください」と告げた。
沙耶さんはひと晩だけの関係にしようと思っていたが、彼の熱心な告白に負けた。

だが、一方で倉内氏のことも諦めきれない。
結局、彼女は二股交際をすることにした。

だが、そんな日々はすぐに破綻してしまう。
市橋が彼女のことを怪しむようになったのだ。

「今夜は幼なじみの女友達と会うから……」
毎回、そんな理由で市橋の誘いを彼女は断っていたが、彼は別の男の存在を疑うようになったのだ。

ある日の晩、市橋は、大学時代の友人と食事をするという沙耶さんを怪しんで彼女の家に向かった。
すると、部屋の明かりが点いていた。
「消し忘れじゃないよな」

しばらく様子を窺っていると、その明かりが消えて薄暗くなった。
用意していた双眼鏡を取り出してレースのカーテン越しに隙間を覗いてみる。
すると、裸の彼女が上半身を激しく上下に動かしているシルエットが見えた。

"くそっ、やっぱりか! 俺をバカにしやがって!"
市橋は心の中で彼女と相手の男に対する復讐を誓って、その晩は帰宅した。

01月29日公開のvol.03へ続く・・・。

池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

長い黒髪の似合う清純なお嬢様っぽい若妻のハルコさん(23歳)は、夫にはまだ知られていない性癖があるそうだ。 「主人と付き合う前に交際していた人が、野外でするのが好きだったんです。公園や車の中、漫画喫…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号