人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

V局を名乗って部屋に侵入美女を3日間犯し続けた鬼畜 vol.02

2014-03-11
秘書と社長
http://h-shacho.com/
社長気分を味わいながら、五感+本物の快楽をご体感されてみませんか?

ベットに押し倒し手錠で拘束

再婚から2年あまり、妻に"射精"を支配される日々が続いた。

"セックスで思い切りブチ込んで、思う存分射精してみたい"
男の欲求不満は爆発寸前だった。
そんな彼がテレビを観ていた時のことだ。
番組スタッフが盗聴されている部屋を訪問。
スタッフが部屋に仕掛けられた盗聴器を発見する、というドキュメントである。

その部屋の住人の若い女性は元カレやストーカーの影に恐れおののく、というシーンが見せ場だった。
"そうか……この手口を使えば、狙った女の部屋に入り込める"
その番組は、藤森にとって犯行のヒントになったのだ。

夕方、藤森は、駅前で帰宅途中の若い女性を物色していた。

やがてロングヘアの美女の尾行を開始。
化粧品会社の美容部員・古賀桃子さん(27)である。
男は桃子さんの玄関ドアのチャイムを鳴らした。
ドア越しに応対する桃子さんに、テレビ局のディレクターを名乗り、きっぱりとこう告げた。

「今、ドキュメンタリー番組の取材中なんですが、あなたの部屋が盗聴されています!」
桃子さんは"まさか"と思う一方で、よく泊まりにきていた彼氏と喧嘩別れしたことを思い出した。

「何者かが部屋の中に盗聴器を仕掛けたことは、間違いありません」
そう言われ、桃子さんは玄関ドアを開けた。
「失礼します」
部屋に上がった男は、こういった。
「コンセントを確かめてくれますか」
桃子さんが壁際を見回した途端、背後から藤森が襲いかかった。
首を強く絞めつけられた彼女はベッドにうつ伏せに倒され、手錠を施された。

03月12日公開のvol.03へ続く・・・。

秘書と社長
http://h-shacho.com/
社長気分を味わいながら、五感+本物の快楽をご体感されてみませんか?

数日後、チャンスがやってきた。 またもや彼女が友人と会うと言って彼の誘いを断ったのだ。 その晩、彼女よりも早く会社を出た市橋は彼女の家へ直行。 無断でコピーしていた合鍵を使って家の中に侵入し、クロ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号