人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

初めての不倫SEX「人妻が落ちた魔法の言葉」vol.1

2018-01-09
モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

仕事関係の男性に言われた魔法の言葉

 不倫相手は仕事関係が一番多いようだ。露骨な迫り方はしにくいが、意外な言葉が人妻の胸を貫いてしまうことがあるらしい。OLの美奈子さん(32=仮名=以下同)は、上司(47)に厳しく叱られたことがあった。顔を上げられない彼女に、上司は「でも、君の懸命さは立派だと思っている」と、つけ加えた。

「厳しいお小言の後、優しい言葉をかけられたから、ジーンときちゃいました……」 仕事には厳しいが、自分のことをきちんと見てくれる――何か話しかけても生返事しかせず、感謝もせず褒めもしない夫とは大違いだった。叱責から職場不倫が始まったのだ。

 イベント会社勤務の香苗さん(31)は、男性社員(39)と2人きりで深夜残業したことがあった。やっと仕事が片づくと、彼は「ちょっと待っててね」と出ていき、近くのコンビニで買ってきた缶ビールを手渡しながら「お互いに、よく頑張ったね」と言った。急場の大仕事を無事にやり遂げた達成感で、ビールが最高においしかった。「その言葉で胸に込みあげてくるものがあって、抱きあってしまったんです」

 深夜で誰もいなかったせいもあるが、なんと、そのまま応接ブースに倒れ込んでしまったという。「汗をかいてたから恥ずかしいんだけど、彼もそうだと思うと気にならなくて。どうして最後までいっちゃったのかなあ……ソファに片脚をかけて、すごい格好で……あんなに奥まで当たったことはないですね」

モアグループ
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

何気ない日常に潜む見えそうで見えないちょいエロ親父が微妙にニヤリとするチラリズムをお届けします。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号