人妻大衆 TOP 桃色コラム

営業レディ「いけないお客様SEX」マル恥報告書vol.2

2018-01-28
シャトーペトリュス
http://www.c-pet.jp/
熟女堪能!白い裸身がきわだつ!

割り切ってしっかり楽しんだ

 聡子さん(29)は、医薬品会社のMR。MRとはメディカルリプレゼンタティブ。医薬情報担当者と訳されるが、平たくいうとお医者さん相手の製薬会社・医療機器会社の営業担当のこと。「上司に“月に100万円の接待費を使っていい。その代わり、300万円売り上げろ”とハッパをかけられてます。厳しいですよ」

 ある総合病院の内科医長が札幌の学会に行く際に、“出張費用はうちで持ちます”と申し出た。すると医長は、ニマッと笑って“君も一緒に行くなら任せると条件を出したという。「毎月50万円以上の薬を納品してますから“お供させていただきます”としかいいようがないですよ」

 ホテルは自分用にシングルを別に取ったが、むろんそれで終わるはずはない。「打ち合わせという名目で彼の部屋に呼ばれて……」

 最終的には、「セックスはセックス。割り切って、しっかり楽しんだ」という。「お医者さんって遊んでらっしゃるし、体の扱いにも慣れているから、お上手なんですよね。最後には“オレは50歳過ぎてんだぞ。3回は無理だ”と音を上げられてしまいました(笑)」 サービスは持ちつ持たれつ、ということか……。

 半年前から、健康機器販売会社で働き始めた真代さん(36)の報告を聞こう。離婚して仕事を始めた彼女だが、入社して4カ月ほど、まるっきり契約が取れなかったという。「初めて売れたのが、東京都内にある高級老人ホームでした。担当者さんから契約書にサインをもらったときは、嬉しくて思わず涙が出たほどでした」

 その後、その高島という担当者が紹介してくれた老人ホームに行くと、これまた契約が成立。さらに、ここで紹介された営業先でもまた売れた。「まさに高島さんは私の福の神。ぜひお礼をと、お食事に誘ったんです」

 結局、その夜に彼とホテルに行った。「販売先からキックバックや、身体を求められたっていう同僚もいたんですが、高島さんは、そんな素ぶりを出さないんです。でも、私、お食事だけでは気が済まなくて。それに実は、私も離婚して寂しかった。“今夜だけ何もかも忘れませんか?”って、私のほうから求めたんです」

シャトーペトリュス
http://www.c-pet.jp/
熟女堪能!白い裸身がきわだつ!

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号