人妻大衆 TOP 桃色コラム

男の護身術「女房の小言」撃退マニュアル7カ条

2015-04-11

風俗なら「ヌキなび」
http://www.nukinavi.com
悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!



浴び続ければ”家庭崩壊”どころか、死を招く危険も・・・!?

"妻は夫の三歩後ろに付き従う"なんてのは、遠い昔の話。カミさん連中は自由闊達。わが物顔で家を闊歩し、気に入らないことがあるとギャーギャー吠える。

うっとうしいだけなら我慢できるが、「女房の小言」は世の亭主族を早死にに至らしめる危険すらはらんでいるという。食品卸会社に勤めるAさん(47)のケースはその典型だ。
「疲れて帰ってきたら、"なんで毎日接待なの? 本当はキャバクラで遊んでるんじゃないの?"とくる。こっちはマジで接待だから頭にくるけどさ。波風立たないよう我慢して寝ると、翌朝、二日酔いでガンガンする頭に、"トイレの便座、ちゃんと下ろしてよ!"とがなりたてる……」(Aさん)

ある日、血便が出たので医者に行くと、急性胃腸炎と診断されたという。
「医者に"このままだと胃潰瘍になる"と脅されて緊急入院。原因はストレス。仕事や会社でのトラブルもないから、原因はカミさんの小言しか考えられないんだよ」(前同)

だが、胃潰瘍になるのはまだマシなほうだ。

「ストレスが動脈硬化や糖尿病の一因であることは、マウス実験で確認されていりかんます。また、がんの罹患もストレスが最大の原因と目されるようになってきています」(病院関係者)

つまり、女房の小言を浴び続けてストレスが溜まると、いくら暴飲暴食を控えて、煙草をやめても無駄。中国がまき散らす黄砂やPM2・5以上に、伴侶が無神経に吐き続ける小言のほうが危険ともいえるのだ。

このままでは、家庭崩壊どころか、亭主自身が"崩壊"しかねない。天寿を全うするためにも、ガミガミ女房の撃退法を身につけておきたいところだ。

そのためにはまず、敵を知ることが肝要。
そこで、男女の事情に詳しい恋愛・離婚カウンセラーのY・Yさんに話を聞いた。
「奥様は夫に小言をいう前に、必ず優しい言葉でメッセージを発信しているんです。その段階で夫が行動を改めることができたら、小言には発展しません。夫が無視するから、"どうしてわかってくれないの?"という小言へ発展し、それでもダメだと怒りを爆発させてしまうんです」

つまり、夫への不満には「優しい言葉→小言→暴言」という段階があるというのだ。たとえば前出のAさんの場合なら、「毎日、接待で大変ね。少し酒席を減らせないの?」といわれた段階で対応していたら、キャバクラ遊びなどと、あらぬ誤解を生まずに済んだかもしれないのだ。
「もし小言に発展したら、絶対に"わかってる"とはいわないこと。NGワードだと心得るべきです。"わかってるならどうして実行しないのよ!"と奥様の不満に油を注ぐことになるからです」(前出・Y・Yさん)

正しい切り返し方は、「ごめんなァ~」「わかったよ~」のふた言だという。そうはいっても、"再犯"に及んでしまうこともしばしば。

Aさんのケースでもわかるとおり、女房の小言で多いのは、洋式トイレの便座の下ろし忘れ。男の場合、立って用を足すから、いくら気をつけても、つい便座を上げたままにしがちだ。
「またやってしまってもいいんです。一度夫が反省すると、同じことを繰り返しても、奥様は"怒り"の方向へは進まず、第一段階の"優しい言葉"から始めてくれるはずです」(前同)

なるほど。そういわれたら、そんな気もする……。

次ページ >> 男の護身術「女房の小言」撃退マニュアル7カ条

風俗なら「ヌキなび」
2000年からの運営実績が生み出す安心と信頼!悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!お得な情報も満載!口コミ多数掲載で優良店が探しやすい!

風俗なら「ヌキなび」
http://www.nukinavi.com
悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!


 まだ10代じゃないの? と思わせるほど幼妻の登場だ。名前は、かやのちゃん。実年齢は21歳で、結婚3年目。 「18のときに結婚して、子供もいます。ま、デキ婚ですね(笑)」 と明るく笑うあたり、幸せオ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号