人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」教え子食いの元予備校教師が中年になって合鍵を拾うと…

2018-02-06 [週刊大衆2018年02月12日号]
風俗城
http://www.f-jyo.com/
黒髪の清楚系人妻や未経験の素人まで 幅広い層の女性を網羅しています

事件調書
被害者 20代の女子大生
犯行現場 被害者の自宅アパート
犯行手口 拾った鍵でスペアを作って潜入
レイプ犯 元予備校講師の新聞配達員

 法廷に現れた年輩男は、以前、大学受験予備校の数学講師だった。だがその後、男は契約を打ち切られ、新聞配達員として暮らした。目標のない日々を過ごす男は、配達先で1本の合鍵を拾った。それが男の運命を大きく変えることになる。合鍵で忍び込んだのは女子大生の部屋だった。男はベランダに身を潜め、帰宅した彼女を襲ったのだ。

 桐山敏也(50)は国立大学を卒業後、予備校の数学講師になった。医学部教授の父親をはじめ、家系には教育者が多かった。その影響もあり「教える」仕事を選んだのだ。桐山には、忘れられない教え子がいた。まだ20代の頃のことだ。桐山は、国立大学を目指す予備校生の麻希さん(19)と密かに交際を始めた。彼女を桐山の部屋に通わせて数学を教えてやっているうちに、キスやペッティングをする仲になり、セックスにまで発展したのだ。麻希さんは処女だった。

 だが、敏感な体の持ち主で、乳首やクリトリスを触るだけで濡れ、愛撫やクンニだけで絶頂に達した。やがてセックスに至り、処女を貫通したときは、さすがに痛がった。が、たちまち麻希さんの性感は高まった。初セックスから2か月ほど過ぎた頃、彼女は大きなアエギ声を上げながら叫んだ。「あぁ、私、ヘン。何これ、怖いよ、怖いよォ。あっ、意識が飛んじゃうぅ」

 膣がキュッキュッと強烈に締まり、彼女の体がガクガクと波打つ。彼女の激しい達しぶりに、桐山もこらえ切れず射精した。桐山は、彼女に強い愛情と熱意で数学を教え、勉強が終わると2人でセックスに耽った。そのうち“抜かずの3発”は当たり前になり、彼女も、何度も何度も絶頂を迎えた。「将来、結婚しよう」桐山は彼女と互いに誓い合っていた。

 だが、彼女は第1志望の有名国立大学に見事に合格すると、そこで出会った同じ年の男子学生と交際を始め、桐山のもとを去ってしまった。桐山は、喪失感でいっぱいになった。その後も女子学生に自分の部屋で数学を教え、チャンスがあればセックスして彼女たちの性を開発した。

 だが、それは単なる快楽のためでしかなかったし、そんな生活を続ける桐山は誰かと真剣に交際する気も、結婚する気もなかった。やがて中年になると、もはや女子予備校生とセックスするチャンスもなくなり、風俗に通うようになった。

次ページ >> 学生に美人局をしかけられ…

風俗城
http://www.f-jyo.com/
黒髪の清楚系人妻や未経験の素人まで 幅広い層の女性を網羅しています

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号