人妻大衆 TOP 桃色コラム

金言集結!キャバ嬢と必ずヤレる「魔法の言葉」

2018-02-02 [ヴィーナス2018年01月04日号]
雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!

 下半身にみなぎるパワーを勇気に変えて、意中の子にアタックしても、そうそううまくいくものではない。そんな傷ついた男たちを救ってくれるのが、「キャバクラ」だ。「1980年代半ばに誕生したキャバクラは衰退することもなく、世の男たちを夢中にさせてきました。その理由はズバリ、男たちの“ヤレるかもしれない”願望を刺激し続けてきたからです」(風俗ライター)  確かにキャバクラには同伴やアフターといった店外デートシステムもあり、キャバクラ嬢たちを口説いてヤレる可能性は低くない。

「私の周りにもお客さんとセックスしたという女の子はけっこういます。キャバ嬢といっても、今は昼間働いている子も多いので、いい意味でプロが少ない。普通に客と恋愛しちゃうんですよね」 こう語るのは元AV女優で、キャバクラ勤務の経験もある竹下ななちゃんだ。夜の蝶と呼ばれるキャバ嬢も中身は一般女性と同じ。ハードルが高いわけではないのだ。それどころか、「キャバ嬢はちょっとしたひと言でコロッといっちゃうときがあるんです。正直、店に通い続ける必要はないと思いますよ(笑)」(前同) そこで今回、本誌はキャバ嬢たちが、超セックスがしたくなった『魔法の言葉』を徹底調査した!

 まずは、意外に多かったのが“下ネタ系”だ。「お店で下ネタを話すお客さんは多いけど、マニアックな性癖を語られると、私はけっこうヤバいですね」と言うのは、昼は旅行添乗員で、夜は中野のキャバクラでバイトするミユキちゃん(24)だ。「2人組のサラリーマンのお客さんで、ノリのいい人たちでした。最初は普通に会話をしていたんだけど、だんだんエロい話になってきて。43歳のお客さんが、“俺、女を大の字に縛りつけてイジめるのが好きなんだよね”と打ち明けてきたんです(笑)」 ド変態の性癖であるが、ミユキちゃんはゾクゾクしたという。

次ページ >> 性癖暴露で嬢の興味をそそる

雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!

2人の関係が進んだのは、ある日、美奈さんが手作りの弁当をくれたことがきっかけだった。 「よければ、どうぞ」 「えっ、オレに!?」飛田は感激した。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号