人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

初めての不倫SEX「人妻が落ちた魔法の言葉」vol.2

2018-01-11
吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

虚をつく速攻で人妻は幻惑

 ご主人と食品店を経営する久美さん(38)は、バイトのS君(25)に「旦那さんにはかないません。でも、僕のほうが愛しています」と告白された。

「涙を浮かべてたわ。若いんだから“旦那にはかなわない”っていうのはホントだと思うの。だから“僕のほうが愛しています”っていうのもホントだと感じて。第一、愛してるなんて言葉、もう何十年も聞いたことないわよ。だから、しちゃったのよ」

 工場事務員の千晶さん(27)は、仕事を終えて門を出ると、工員のM君(24)に駅まで一緒に帰ろうと声をかけられた。陽気な彼は職場のアイドルで、彼女も嫌いではなかった。

「川沿いの道を並んで歩いていると、彼が突然、手を握ってきて“好きだよ”って言うんです」

 駅まで行くと、飲みに行こうって誘われて……。「酔った勢いで彼のアパートへ行ってしまいました」

 こんな虚をつく速攻で人妻は幻惑され、体を開いてしまうのかもしれない。

 沙織さん(41)は、パート先の主任(43)からアプローチされていた。もちろん無視。ところが、ある日、給湯室で彼が「沙織さんが夢に出てきたんです」と耳打ちした。「手をつないで遊園地みたいなところをデートしたんです。夢の中だけど、すごく幸せでした」

 沙織さんはジーン! 職場の飲み会の後、ラブホテルで応じたという。

吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

「レイプ被害に遭った女性は引っ越しすることが多い、と聞いたもので……」 男は法廷で、自らの犯行動機について奇妙な理由を述べ立てた。 隣りの部屋に住む若い女性のアエギ声に悩まされ続けた末、男は我慢でき…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号