人妻大衆 TOP 桃色コラム

綾瀬はるか「Gカップ美巨乳」にオファー殺到中

2017-11-25 [週刊大衆2017年11月27日号]
シャトーペトリュス
http://www.c-pet.jp/
熟女堪能!白い裸身がきわだつ!

 格闘シーンでブルルン揺れるボイン効果か、主演ドラマが好調の彼女。その双丘を利用せんと公共放送も虎視眈々!

 女優・綾瀬はるか(32)が絶好調だ。11月1日に放送された主演ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の第5話が、14.5%の高視聴率を記録したのだ。「前回から、3.3%も跳ね上がっていますから、まさにうなぎ上り。この調子なら、好調の『陸王』(TBS系)を追い抜き、米倉涼子主演の『ドクターX』(テレビ朝日系)に次ぐヒットとなりそう。早くも続編やSPドラマ化の噂も聞こえてきます」(テレビ誌記者)

 数年前まで、視聴率クイーンとしてヒット作を連発していた綾瀬だが、13年のNHK大河ドラマ『八重の桜』が大河史上ワースト4位の低視聴率を記録。16年のドラマ『わたしを離さないで』(TBS系)は、平均視聴率6%台という打ち切り寸前の超低空飛行ぶりばかりが話題になり、綾瀬の“賞味期限切れ”さえささやかれるようになっていた。「現在、各局のドラマ班がキャスティングに注力しているのは、若く勢いのある有村架純や高畑充希、土屋太鳳などで、綾瀬の名前はリストの上位から外されつつあったのは事実。この1~2年で、世代交代が一気に進んでいたんです。しかし、本作のヒットで彼女の商品価値が再浮上していることは間違いないでしょう」(番組制作会社)

 この大躍進の理由は、どこにあったのか? コラムニストで本誌認定の激揺れ巨乳マエストロでもある下関マグロ氏は、「綾瀬さんの成熟ボディにあることは間違いないでしょ~!」と熱弁を振るう。「某国の工作員として、闇社会で暗躍した過去を持つ主婦という荒唐無稽な設定で、作風もコメディタッチながら、毎回、綾瀬さんの激しいアクションシーンで、そのボディが躍動。敵の攻撃をさらりとかわしてキックを放ち、パンチを繰り出すたびに、巨乳が激揺れし、その動きから目が離せなくなるんです」

 実は、第1話の放送直後から、“おっぱいドラマ”とも言うべき本作の衝撃度は、一部視聴者の間で話題になっていた。「冒頭から捕らわれの身となった綾瀬が、隠し持っていたカミソリで脱出を試みるんですが、後ろ手に縛られ、前に突き出す形になった彼女のバストははち切れんばかり。その後、男たちをバッタバッタと倒していく中で、爆乳が上下左右にユッサユサ揺れるんです。追っ手から逃げる激走シーンでは、白いTシャツの中で大きな水風船が躍るようで、その激揺れぶりに“乳酔い”しそうになるほどでした」(夕刊紙記者)

 第2話も、黒いタートルニット姿でバストの稜線を際立たせた綾瀬のアクションと、爆乳の揺れが存分に楽しめる構成となっていた。「圧巻だったのは、敵のアジトに一人乗り込んでいくシーン。横から捉えられた綾瀬のバストショットは、これぞ“ロケット乳”というド迫力。そのロケット乳が、華麗な足技で大きく体を上下させるたびに、ブルンブルンと揺れまくるのですから、たまりません」(前同)

 高視聴率となった第5話でも、チャラついた3人の男を成敗するシーンで、縦横無尽にバストを揺らしてくれていた。「逆立ちして男の首を股に挟んでなぎ倒すシーンでは、クルリと身を翻した際にバストがボヨヨン。さらに、着ていた黒いニットを脱いで手に巻きつけるシーンでは、白いTシャツ&サスペンダーというスタイルで巨乳を強調していたのも、実に良かったですね」(同)

 本誌はこれまで、綾瀬のバストを論じる際に、デビュー当時のグラビア活動期に発表されていた“Fカップ”を、そのまま引用し続けてきた。しかし、画面いっぱいに広がるド迫力の激揺れぶりからすると、今後は“Gカップ”に上方修正したほうがいいだろう。前出の下関氏は、当然ながら初回から本作に釘づけになっており、「殺陣シーンの展開、何度も出てくる激走シーン、バストを強調したようなピタピタの衣装選びに至るまで、綾瀬さんのボディが楽しめるようにミリ単位で計算されたかのような脚本と演出です。それに彼女も見事に応えてくれているのが、本当に素晴らしいですよ」と激賞。これから迎えるドラマのクライマックスでは、どんな揺らし方で我々を悩殺してくれるのか、楽しみでならない。

 そんな彼女の好調ぶりは、こんなところからも伝わってくる。「首都圏のJR車内で流れるパナソニックの液晶テレビ『ビエラ』のCMでは、バストラインが目立つ白いニットを着た綾瀬の“超巨乳”があまりに見事で、通勤電車では前屈みになるお父サンが続出しているそう」(スポーツ紙記者)

 そんな綾瀬のおっぱいが持つ潜在視聴率を見込んでか、先日、19年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』にも出演が決定したことが発表された。「綾瀬は、中村勘九郎演じる主人公のマラソン選手の妻役。夫に併走するシーンでの激揺れで、好視聴率を、というNHKの狙いが見え見えです」(芸能記者)

 TV各局には、綾瀬のGカップバストの、さらなるエッチな“取り扱い”に期待したい!

シャトーペトリュス
http://www.c-pet.jp/
熟女堪能!白い裸身がきわだつ!

最近、物忘れが増えてきたという方はぜひご一読を。楽しく、気持ちよくボケから身を守る方法をご紹介!

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号