人妻大衆 TOP 桃色コラム

男は知らない…「オンナの性欲」大研究vol.2

2017-10-16
鶯谷おかあさん
http://www.okasan-u.biz/
鶯谷の待ち合わせ型熟女紹介処 鶯谷おかあさんへようこそ

女性たちを発情させているのはフェロモン

 性に関する多くの著作を持つ医学博士によると、女性たちを発情させているのは、ある“共通のもの”だという。「ずばり、フェロモンです。異性を発情させる性フェロモンは、もともと無色無臭ですが、女性たちはそれぞれの感じ方で、これを察知しているんでしょうね」

 性フェロモンは、腋の下や性器の周辺にあるアポクリン汗腺から分泌される。女性はこうした匂いに対して、男より何倍も敏感という。独身OLの美香さん(32)は、「渋谷のスクランブル交差点ですれ違った男性を、思わず振り返ったことがある」という。

「なんか胸がキュンとする“懐かしい匂い”だったんです。思い返すと昔、つきあっていた男性がつけていたコロンの匂いだったんです。まさか交差点で声もかけられないんで、それっきりだったんですが、元カレとの行為を思い出し、下半身が疼いてしまいました」

 実は、これもよくある女性の発情パターンだという。「女性は男性より、五感で感じた過去の経験をよく覚えているんです。それは、陣痛を和らげる“オキシトシン”というホルモンが、記憶中枢にも作用するからです。好きだった男性の匂いや、似た声の男性に、当時の性感を思い出し、欲情するということは多いんですよ」(性に詳しい医学博士)

 このオキシトシンの効果は強力。場合によっては、挿入した男性器の形や熱まで思い出させることすらあるという。

鶯谷おかあさん
http://www.okasan-u.biz/
鶯谷の待ち合わせ型熟女紹介処 鶯谷おかあさんへようこそ

初イキは、たぶん18歳になって間もない頃ですね。 それまでは自分の性感帯もよくわかってなくて、付き合ってた彼に「どこが気持ちいいの?」って聞かれても、ちゃんと答えることができない感じだったんです。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号