人妻大衆 TOP 桃色コラム

「気づいて!」人妻たちの不倫OKサイン大検証 vol.5

2017-10-02
神戸マキシム
http://www.kobemaxim.com/
極上泡姫が最高のひと時をお約束いたします。

いじめプレイがしたかったの

 埼玉の飲料メーカーに勤める村田京太さん(42)は、名古屋に出張したとき、ぶらりと居酒屋へ入った。「店の中央の10人ぐらい座れる大きなテーブルで、独りで飲んでいたんです。すると、2人連れの女性が入ってきて、適当な席がなさそうだったので“どうぞ”って勧めて……」

 それがきっかけで話し始めた。名古屋弁や、あんかけスパゲッティの話などで盛り上がった。2人とも30代半ばで、話の内容で人妻と分かった。やがて、一人が「じゃ、家のことがあるから、そろそろ」と言って立った。彼女は、東京から来た男に興味が持てないらしかった。

「S奈さんはいいんですか?」 残った女性に尋ねてみると「夕飯は作ってきたから。子供は塾から帰ったら自分でチンして食べるし、旦那は遅いし……」と答えた。

 “それって、今夜は遅くなってもいいってこと?” 村田さんのスケベ心が、うごめき出した。「そのうえ、彼女は“職場は女ばかり”とか“大学は東京へ行きたかった”とか、自分のことをいろいろ話し出すんです。これも、ぼくへの警戒を解き始めて、自分のすべてを知ってほしいってことじゃないですか? ふふふ」

 やがてS奈さん、「私も東京へ行きたいなあ、今夜、行っちゃおうかなぁ」などと言い出した。彼も「そうだ、行こう行こう」などと盛り上げた。あげくの果てに「これから東京まで行くのは大変だから、近くに“ホテル東京”とかないかなあ」と言ってみた。ダメモトの冗談だったが、驚いたことに、彼女は「うん、探しに行こう」と席を立った。

「ホテルでは一緒に狭いお風呂に入りました。最初は照れてましたけど、石鹼を全身につけて洗い始めると彼女の乳房がキュッと締まるんです。すすり泣くような声で悶えるんで、ぼくもビンビンになりました」

 ベッドでは「乱暴なことをして」というのが、彼女の注文だった。「そういうことはあまり知らないんで、タオルで腕や足をベッドに縛りました。目隠しをして、備えつけのボールペンとかヘアブラシの柄を彼女の体に入れたり、あと、月並みですけど、女性器の名を言わせたりしました。“いじめプレイが好きなの?”と聞くと“したかったの”って言ってましたね」

 S奈さん、事が終わると「ゆっくりしていられないの」と、ベッドの上とは別人のような顔をしてホテルを出て行ったそうな。運よく“不倫OKサイン”は見抜けても、人妻の心の奥までは見通せないようです。

神戸マキシム
http://www.kobemaxim.com/
極上泡姫が最高のひと時をお約束いたします。

名の知れた有名女優よりも“シロウトとの一期一会”をなによりも愛するAVライターの二宮珍次郎(47)が、珠玉の『シロウト動画』を紹介するこのコーナー。 下着はおろか、シャツすら脱がずに時間が過ぎてしま…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号