人妻大衆 TOP 桃色コラム

読者投稿!夫が知らない人妻凄絶ナマ現場vol.3

2017-08-13
池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

《男が強姦されるというのはおかしいかもしれませんが、僕は本当に“逆強姦”されたことがあるんです》という手紙を編集部に書き送ってきた寺田さんには、直接会って話を聞くことができた。

 やや小柄ながら滝沢秀明似の甘いマスクの彼が逆強姦されたのは、昨年11月、新宿にある割烹料理店のバイト帰りだったという。駅に向かって桜通を歩いていると、突然、20代後半ぐらいの女性2人に、「ねぇ、どこへ行くの~? お姉さんたちとどっか飲みに行こうよ。奢ってあげるからさー」と、声をかけられたのである。

「終電にはまだ時間があったし、お腹も減っていたから彼女たちについていったんですよ。ところが、カフェバーみたいな店で彼女たちからガンガン飲ませられちゃいましてね。足下がふらつく僕の両腕を取るようにしてラブホテルに連れていくんです」

 女性2人にラブホテルに連れ込まれるとは羨ましい限りだが、5つ年上の風俗嬢と同棲して夜毎迫られている彼は、「どうにか逃れようと、必死で抵抗した」という。「ホテルに入るときも“やめてください”と頼んだんだけど、“アンタ、食い逃げするつもり”と言って許してくれないんです」

 ホテルの部屋に入ると、体を押さえつけて服をはぎ取られ、風呂場に連れていかれた。「彼女たちは僕の体を洗いながら“ほら、飲んだ分はちゃんと払ってもらうわよ。ちゃんと勃たせなさいよ!”という感じでどんどんサディスティックになっていくんです」 彼もここにいたって、早くすませて放免にしてもらおうと思ったのだが、そうは甘くなかった。

「バスルームから出ると、1人が口にアソコを押しつけ、もう1人は肉棒をしゃぶるといった具合で……。でも、こんな状況で勃つわけないじゃないですか。すると、1人が“前立腺をいじると勃つんじゃない?”と言い出しましてね。四つん這いにさせられて、アヌスに指を入れてくるんです。ローションもつけないでやるものだから、これがもう痛くてね……」

 やっと開放してくれたのは、朝の4時過ぎだった。ホテルを出るときは嫌味タラタラで、“アンタ、もしかしてホモなんじゃない?”とか“チンチン小さいよ”とボロクソに言われたという。

「あの2人、バックとか洋服はブランド物で、カフェバーでは“アタシたちは結婚してるから(エッチしても)安心よ”なんて言っていたんですが……あんな奥さんたちと結婚した男はさぞや大変でしょうね」

 逆ナンパもここまでヤレばご立派というしかない!?

風俗なら「ヌキなび」
2000年からの運営実績が生み出す安心と信頼!悪質店徹底排除!クレームにも迅速に対応!お得な情報も満載!口コミ多数掲載で優良店が探しやすい!
池袋おかあさん
http://www.okasan.biz/
池袋の待ち合わせ型熟女紹介処 池袋おかあさんへようこそ

韓流イケメンの追っかけにハマる日本女性たちを狙う"ヒモ志望"の男がいた。 男は韓国のイケメンが集う聖地を徘徊して、女性たちに声をかけたが、成果はゼロ。 帰り際、男は偶然、韓国のイケメンと人妻が抱き合…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号