人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」アパート大家が援交にハマり、自慢のために睡眠薬を使い…

2017-08-10 [週刊大衆2017年08月14日号]
アムール
http://club-amour.com/
最高の美女達と究極のマットプレイを… 日常では味わえない最高の快感…

事件調書
被害者 漫画家志望の20代女性
犯行現場 自宅アパート1階の大家の住居
犯行手口 食事に睡眠薬を混入して
レイプ犯 アパートの大家とその仲間2人

 法廷に立ったシニア世代の男3人は、昏睡させた若い女性を3人がかりで陸辱していた。首謀者は賃貸アパートの家主。そして被害に遭ったのは、あろうことか、そのアパートに住む女性だった。被害女性と家主は「援助交際」をする仲だった。そんな家主は、ある日、彼女を昏睡させると、男2人を部屋に呼び寄せて、集団レイプに及んだのだ。

 市川公造(59)は会社を早期退職し、退職金を注ぎ込んで親から受け継いだ土地にアパートを建設。1階は自宅、2階を賃貸物件にしており、立地の良さもあって常時満室だった。“これでもう老後の金の心配はない”

 バツイチの市川は、そう思う一方で、下半身はどうにも満たされぬ日々を送っていた。“勃起する今のうちにセックスを楽しみたい”と思うものの、市川は風俗店で遊んだ経験がなかったし、盛り場に出かけるのも少々おっくうだった。“安定した間柄の愛人が欲しい……”

 そう思った矢先、市川のアパートで暮らす秋月愛理さん(25)がチャイムを鳴らし、訪ねてきた。笑顔が愛らしくてスタイルもよく、市川の好みのタイプである彼女は、漫画家志望で、アルバイトをしながら雑誌への持ち込みを続けるも、そうそう採用はされず、カツカツの生活だった。「申し訳ありません。今回、1週間だけお家賃を待っていただけませんか……」

 聞けば、今月は思うようにバイトに入れず、モヤシ炒めだけを食べて空腹をしのいでいるという。市川はそれを承諾し、1週間後、家賃を支払いにきた彼女を「今日もお腹が減ってるようなら、ウチでどうだい」と家に上げて、かねてからの趣味で教室に通い、腕を磨いていた料理を振る舞った。「すみません、お返しもできなくて」

 食後、そう恐縮する彼女に、思いきって市川は頼み込んだ。「キミが欲しいんだ。私を“現役”の男に戻してくれ」

 すると、愛理さんは少しためらった後、スッと立ち上がり、後ろを向いたかと思うと服を脱ぎ始めた。見る間に下着姿になってブラジャーを外し、パンティまで脱いだかと思うと、市川のほうに向き直った。「これで……いいですか」

 “なんて美しい裸だ!”大きめの乳房にツンと上向く乳首、濃いめのヘアで覆われた恥丘。見とれているうちに、たちまち、市川のズボンの中のペニスがムクムクと勃起していった。

次ページ >> 「月3回で家賃はタダ」の援助交際セックス契約

アムール
http://club-amour.com/
最高の美女達と究極のマットプレイを… 日常では味わえない最高の快感…

ガチンコが売りの“ご当地サービス”でフーゾクファンのド肝を抜いた“NK”。10年前に消滅したと思われたが……!?

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号