人妻大衆 TOP 桃色コラム

スクープ痴態「性豪芸能美女」乱痴気SEX私生活レポート

2017-07-22 [ヴィーナス2017年07月01日号]
鶯谷おかあさん
http://www.okasan-u.biz/
鶯谷の待ち合わせ型熟女紹介処 鶯谷おかあさんへようこそ

 テレビの中で眩く輝く“高嶺の花”たちも、一皮むけば一人のオンナ。美しい衣装の下に隠された知られざるメスの素顔がここに!

 テレビや雑誌で連日のように報道される、見目麗しき芸能美女の熱愛や不倫。一人のオスとしては、ゴシップを楽しみつつも「あんな美人と毎晩、あんなことやこんなことをしてやがるのかッ」と、男のほうにメラメラ嫉妬の炎を燃やし、その場面を想像して悶々としてしまったりもする。

 いったい、芸能美女たちは、どんなセックスをしているのか――。一般人には知りようもないトップシークレットではある。「とはいえ、ときどき、そんな話を聞いたり、場面に出くわすことはありますよ。そういう芸能人は、だいたい男関係がハデだったり、こっちがビックリするくらいオープンだったりするので、いつしか噂になるんですよね……。事務所が怖いので、もちろん死んでも人には漏らせませんが……」

 こう声を潜めて語るのは、とある番組制作会社の幹部。そう、テレビや広告代理店などに勤務する“ギョーカイ人”たちの中には、美女のセックス模様という聖なる秘密の一端に触れてしまった者もいる。今回は、そんな彼らに、仕事で出会った芸能美女の“性豪エピソード”を、クビ覚悟で語ってもらおう。

 まずは、モデルを経て清純派として大ブレイク。月9ドラマでも主役を張った女優Aの衝撃的な話から。「あるスペシャル番組の撮影で、Aを連れて海外ロケに行ったんです。出演者以外に日本から連れて行ったスタッフだけでも総勢30名くらいになる大所帯で、ロケも順調に進んでいたんですが……」 こう話し始めたのは、技術スタッフの一人。

「この番組自体が、ほぼAのために作られたようなもの」(前同)と言う、事務所の肝いり企画だったわけだが、Aとしては、仕事そっちのけで楽しみたい“あるコト”があった。「共演のイケメン俳優Bと、実はつきあっていたみたいなんです。確かに、事務所のご指名での共演希望だったんで、“怪しいな”とは思ってたんですが……」 いわば、事務所公認の“婚前旅行”状態だったわけだ。

「初日の撮影後、ホテルのロビーで翌日の打ち合わせをしていたんですが、二人とも、もう気もそぞろ。“早く終わらせたい”という気配がプンプンでした」 気配を察したプロデューサーの指示で打ち合わせを早めに切り上げ、解散。あとはスタッフだけの夜の飲み会に持ち越したという。

次ページ >> 女優Aとイケメン俳優Bが立ちバックで!

鶯谷おかあさん
http://www.okasan-u.biz/
鶯谷の待ち合わせ型熟女紹介処 鶯谷おかあさんへようこそ

毎年8月初旬、青森市内は『ねぶた祭り』一色になる。武者をかたどった人型燈籠が街路を練り歩き、その周りを、「らっせら~、らっせら~」と威勢のいい掛け声を上げながら、ハネトと呼ばれる踊り手たちが飛び跳ね…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号