人妻大衆 TOP 桃色コラム

美人歯科衛生士が告発!都内有名歯科医院「おっぱい営業」業務命令vol.1

2017-07-03
角えび本店
http://honten.kadoebi.co.jp/
江戸時代から脈々と受け継がれる本物の大衆店「角えび本店」!

「客を逃すな」「もっと胸を押し当てろ…」 医療現場の信じられない真実!

「私、もうビックリしちゃって、あいた口が塞がりませんでした。“私は歯科衛生士じゃないのか!?”って。技術を認められて採用されたと思ってたのに……」

 こう話すのは、現在、静岡県で働く歯科衛生士のH美さん(24)。一昨年、医療専門学校を卒業した彼女は、つい2か月前まで、東京都内の某有名歯科医院に勤めていた。「ここのU院長(54)が、私たち女性スタッフの色気で患者を集めようという、ろくでもないヤツだったんです」

 H美さんを含めた女性スタッフ4人は、すべて20代の美人ばかり。ユニフォームは胸の谷間が見えるほど切れ込みが深く、スカートもちょっとかがむと下着が見えそうなぐらい短かった。「クリニック近くのサラリーマンの間で評判になっていたみたいです。“このユニフォームは職場の方針”と説明されていたので、納得していたんですが……」

 ところが、勤め始めて3か月ぐらい経った頃、院長に「患者さんへの接し方は先輩スタッフのM絵さん(27)を見習ってほしい」と、言われたという。「M絵さんは小柄でグラマラス、男の人に好かれるタイプの女性。虫歯の穴に填塞材(てんそくざい)を詰めたりするときも、患者にピタ~ッと体を密着させ、おっぱいをグイグイ押しつけたりするので、ほかの女性スタッフからはヒンシュクでしたが、男性の患者から“指名”が入るほど人気がありました」

 H美さんが、思わず、「じゃあ、私もM絵さんみたいに、おっぱいを押し当てろってことですか」と気色(けしき)ばむと、U院長はゲスな笑みを浮かべて、「この不況の時代に、この業界で食っていくつもりなら、覚悟を決めてくれよ。M絵くんみたいにされると、患者さんも痛みを忘れちゃうし、次もまた来ようって思うだろ? それに、彼女、患者さんとのコミュニケーションがすごくうまいんだ。そのおかげで彼女が担当した患者は、保険外診療することも多いしな」

 実際、M絵さんは、患者に何かと話しかけながら、「ここの差し歯は銀歯にすると老けて見えるから、セラミックにしたほうがいいですよ~♪」と、保険適用外になる治療法を勧める。患者のほうは、費用がかさむと知りつつも、彼女の甘ったるい声につい「じゃ、そうしようか」となることが多い。

「言ってみれば、歯科衛生士の技術は二の次。お色気で“客”を逃がすな、保険外治療に持っていけ、というわけです。これも仕事のうちだと思って、なるべく愛想くらいはよくするように努めたんですけど……」

角えび本店
http://honten.kadoebi.co.jp/
江戸時代から脈々と受け継がれる本物の大衆店「角えび本店」!

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号