人妻大衆サイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

人妻大衆 TOP 桃色コラム

「下着を脱いだ…」口説き文句 接客・サービス業…ファミレス、薬局店員、水商売の場合

2018-05-29
五反田人妻城
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

 接客業の女性は職業柄、人と話すことに慣れている人が多いが、その一方で、純情でまっすぐな誘い文句にときめくこともある。ファミレスで働く奈緒さん(26)は、商店街の街コンに参加したことがあった。男性が立ち飲みバーで声をかけてきたが、緊張して声も上ずっている。こりゃいかんと思ったのか、自分のほっぺたをパチンと叩き、「あんまりきれいだから、緊張しちゃって。スミマセン」とペコリと頭を下げたという。

「お客さんにお世辞は言われるけど、彼のあの言葉は心が込もってて。グッと気持ちが傾きました」 街コンが終わる頃、「あの、この後、あの……」と言いよどむ彼に、彼女から「もう一軒行きましょうか」と言い、その夜、彼とベッドをともにした。

 うれしいことに、接客業の女性は男のストライクゾーンが広いので、中高年男性でも誘い言葉ひとつで幸せな経験をすることもある。薬局店員の若菜さん(32)は、仕事帰りに寄るバーのマスターに仕事の愚痴をこぼしていた。「すると、隣にいた50歳ぐらいの男性が“分かるなぁ”と熱心に聞いてくれて」

 店を一緒に出ると、その男性がスッと腕を取って耳に口を寄せ、「今日は飲んで、嫌なこと忘れちゃお!」とささやいてきたという。「酔ってたから、つい応じてしまって(笑)」(前同)

 一方、スナックで働く好美さん(22)は、40代後半の客に「イマイチ、エッチの気持ち良さが分かんない」と打ち明けたら、彼が「絶対に後悔させないから。レッスンだと思って、ネ?」と耳打ちしたという。「レッスンなら、まあいいかと思って。ええ、上手に教えてもらいました(笑)」

 接客・サービス業の女性に対しては、心と体の隙間にスッと入り込む言葉が、体を開かせるポイントのようで……。

五反田人妻城
http://www.deli-more.com/
若妻から人妻、熟女まで幅広いタイプの女性と遊べる首都圏最大級のグループ

身長175センチ、モデル級の長身スタイル奥様、新川千尋さん50歳。二児の母であり結婚15年目の専業主婦。一見、悠々自適に思える彼女の悩みはお見合い結婚したご主人との夜の営みのこと。「35歳のときに親…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号