人妻大衆 TOP 桃色コラム

輝きを増す新人女優に嫉妬して…

2017-05-15 [週刊大衆2017年05月08・15日号]
神戸マキシム
http://www.kobemaxim.com/
極上泡姫が最高のひと時をお約束いたします。

輝きを増す新人女優に嫉妬して…

 翌朝、全裸で目覚めた早紀さんの横に、同じく全裸の橋田がいた。彼女は何があったかすぐに悟った。“私、またやっちゃった” 早紀さんは、外見は清純派だが、実はセックスに対してはおおらかで欲求が強いタイプだったのだ。

 その後、早紀さんは劇団には内緒で、橋田と同棲を始めた。彼女もアルバイト生活だったため、家賃を浮かせる狙いもあった。2人の同棲生活は最初はうまくいっていた。お互い同じ夢を追うものとして、演劇論を交わしたり、連れ立って舞台や映画を観に行った。そして夜は毎日のようにセックスを楽しんだ。

 そんな日々の中で、早紀さんの劇団での評価はますます高まっていった。彼女がやがて大抜擢されてヒロインの座を射止めると、2人の関係は大きく変わっていった。橋田の態度が急変したのだ。「お前、演出家と寝たんだろ。それとも脚本家と寝たのか、スポンサーのジジイと寝たのか?」

 嫉妬の炎を燃やし、橋田は全裸にした早紀さんの体へ、自分の所有物に名前を書くかのようにキスマークをつけた。次第に帰宅が遅くなる彼女の行動を勘ぐり、橋田は怒りまくった。「浮気してるんだろう、白状するんだ」

 暴力を振るったあげく、早紀さんを組み伏せ、パンティを奪い取り、濃いアンダーヘアをハサミで切り落とすこともあった。「お前は俺の物なんだ!」

 舞台で輝きを増していく早紀さんに対し、橋田は激しい嫉妬心と、捨てられてしまうのではないかという恐怖心を覚えていた。そして、それは次第に狂気へと変わっていった。

次ページ >> 泣き叫ぶ清純派女優のアナルに……

神戸マキシム
http://www.kobemaxim.com/
極上泡姫が最高のひと時をお約束いたします。

高校時代の初カレは5分ももたない早漏でした。 次のカレもAVの好きなシーンを何度も繰り返しながら同じポーズをさせて興奮してるけど、テクは全然なしのプチ変態。そんな物足りなさを埋めてくれてたのが、ひと…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号