人妻大衆 TOP 桃色コラム

バージンの時から華々しいF・K

2017-05-14 [ヴィーナス2017年04月04日号]
吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

バージンの時から華々しいF・K

 対照的に恋多き女の代名詞的存在のF・K(34)の初体験は、恋多き女ならではだったようだ。「17歳の誕生日に、かねてから大ファンだったH・Nの自宅に3時間滞在する様子を週刊誌に撮られたことで、“FのロストバージンはHで間違いナシ”と思われましたが、ほかからも、“俺は『神様、もう少しだけ』(フジ系)で共演したK・Tにつまみ食いされた”“いや、マネージャーが初めてだと聞いた”と噂が次々と浮上したんです」(前出の芸能記者) 初体験時からすでに、恋多き女だったのだ。

 『東京タラレバ娘』(日テレ系)で酔った勢いで男と寝てしまう主人公を演じたY・Y(28)は、18歳当時に鮮烈な濡れ場を演じた映画『蛇にピアス』(08年)がターニングポイントだった。「同作で見せた彼女の濡れ場は、初々しくて神々しく、生きる実感が薄い女の子を自然体で演じていました。この頃から、処女なんかどうでもいいものとして、すでに捨てていたように見えます」(吉田氏)

 共演者食いとして名を馳せるI・S(30)は、「変化した時期が分かりやすすぎ」(前同)という。「それまでは、あの唇に色気が宿っておらず、ただのたらこ唇だったんです。ですが、05年にNHK大河『義経』で白拍子の静御前を演じていたとき、急に垢抜けて唇に色気が宿ったんです」(前同)

 その頃のIはというと、「06年に当時の担当マネージャーとのママチャリ2人乗りやカフェデートが撮られてる」(前出の芸能記者)というではないか。「寝起きの悪いIのために、彼は毎日、モーニングコールをしていたりと、発覚以前から恋人のような関係性だったようです。発覚後、彼は当然、Iの担当を外されました」(前同)

 ここまでは、いずれも10~20代前半で喪失している女優たち。そんな中、T・T(22)に、なんと“未経験”疑惑が浮上した。「本人は“恋愛したことない。一人前になるまでは恋愛しない”“恋心が湧いても蚊に刺された程度と無視するのは簡単”と公言し、実家住まいで門限21時25分。宿泊ロケでは母親がピッタリつき添い、つけ入る隙がありません」(同)

 しかし、ここにきて変化も生じているという。「二十歳を過ぎた頃から、“今の自分に足りないものは恋愛じゃないか”と真剣に悩むようになったようです。その矢先、昨年3月にY・Kとの深夜の個室焼肉デートが報じられました。門限を3時間も破ってしまったんです」(前同)

 この勢いで処女膜も破ってしまうのか……。これは、目が離せそうにない!

吉原三浦屋
http://miuraya.kadoebi.co.jp/?entry=1
厳選された花魁ここにありんす!

 何気ない日常に潜む「チラリズム」は、男たちの心のオアシス。見えそうで見えないから、見たくなる。そんな「チラリズム」グラビアを、毎日お届けします。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号