人妻大衆 TOP 桃色コラム

実録「レイプ裁判」年下彼氏を奪われた中年女が、男を使って同僚美女を復讐姦

2017-04-11 [週刊大衆2017年04月10日号]
雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!

事件調書
被害者 27歳のデパートに勤務する女性
犯行現場 加害者の住むマンションの一室
犯行手口 睡眠薬で昏睡させ共犯の男がレイプ
レイプ犯 40歳の女と27歳の男

「彼の“裏切り行為”を、どうしても許すことができませんでした……」 中年女はそう言うと、わっと泣き崩れた。その女は自分の彼氏を若い女性に奪われたため、復讐を決意。相手の女性を呼んで睡眠薬で昏睡させると、知人の男性を教唆して彼女をレイプさせたのだ。中年女は犯行現場でレイプの一部始終を確認したばかりか、男性に指図までしていた。

 猪熊航平(27)は、高校を中退した独身の宅配便ドライバーだった。“金をしっかり貯めて家庭を持ちたい”という夢があるため、風俗遊びも我慢して貯金に励んでいた。そんなある晩だ。猪熊が宅配便の配送先で出会ったのが、デパート勤務の浅川瞳(40)だった。

 マンションで一人暮らしの彼女は、ランジェリー姿で荷物を受け取った。猪熊は彼女に“大人の色気”を感じていた。そんな反応を敏感に感じ取った瞳は、猪熊にこう告げた。「あとでウチにご飯食べにいらっしゃい」 猪熊は遠慮したが、結局その誘いに応じた。

 テーブルには手料理が並んでいた。2人はビールで乾杯し、瞳は猪熊のグラスにこまめに酒を注いだ。「彼女いるの?」 酔った猪熊は「いないです」と答えた。

「それなら1人で寂しいんでしょ?」 そう言うと、ランジェリー姿の瞳は猪熊の膝に座った。目の前に大きな乳房の膨らみが迫り、乳首が勃っているのが見えた。猪熊は激しく動揺した。

「いいのよ、触って」 猪熊は乳房を揉み、乳首を指でつまんだ。「アアンッ」 猪熊はピクンピクンと鋭く反応する彼女の唇に近づき、ディープなキスに及んだ。

 猪熊のズボンの中でペニスが勃起し、ズキズキと疼いた。瞳はズボンからはち切れそうなペニスを取り出して握り、上下にしごいた。猪熊はすぐイキそうになった。

「ねっ、早くシャワーを浴びてらっしゃい」「は、はい」 言われるままにシャワーを借りて戻ると、瞳はベッドの中にいた。すでに全裸姿だった。

 猪熊がベッドに入ると、瞳は熱心にフェラチオを始めた。しばらくして瞳は起き上がると、猪熊の顔面に股間を押しつける“シックスナイン”の体勢になった。

 猪熊は目の前でムワっとした淫臭を放つ女性器を舐め回し、舌を膣口に突き立てた。その激しい刺激に、瞳は嬌声を上げ、身をくねらせた。

次ページ >> 彼氏を奪った女に復讐を……

雄琴さくらん
http://www.ogoto-sakuran.com/
大手だからこそ実現できる最上級のクオリティ!

法廷に中年男と若い男が並んで入ってきた。 2人はかつて、職場の上司と部下という関係だったが、いまはともにレイプ犯として裁きを受ける身である。 一方の被害女性は、驚くべきことにこの部下の婚約者だった。

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号